アップルのサービス分野における収益が史上最高に

アップルが2019年第3四半期の決算を発表した。売上高は前年同期比1%増の538億1千万ドル(約5兆7,137億円)となったが、純利益は100億ドル(約1兆)強と若干の減少を見せた。

アップルのiPhone売上は前年同期比11.8%減の259億9,000万ドル(約2兆8千億円)となったが、Apple Musicを含むサービス分野からの収益は前年同期比12.6%増の114億6,000万ドル(約1兆2千億円)となり、HomePodを含む「ウェアラブル、ホーム、アクセサリー」のカテゴリーも48%増の55億3,000万ドル(約5,869億円)となった。

CEOのティム・クック氏は「サービス分野は新たに高水準となる成長を見せ、収益は史上最高を記録しました。一歩下がってウェアラブル分野とサービス分野を一緒に検討すると、過去数年間にアップルが戦略的に投資してきた二つの分野が、今やフォーチュン50に載る企業の規模にまで近づいてきています。」と述べている

クック氏によると、アップルは現在、展開しているサービス群において、4億2,000万人以上の有料会員を保有しているとのこと。今年の6月下旬に明かされた、Apple Musicの有料会員6,000万人という数字からの更新は発表されなかったものの、CFOのルーカ・マエストリ氏は、Apple Musicが収益の観点では、前年同期比で「2桁の成長」を享受したと述べている。