スタートアップ

スタートアップ企業BoomyがAI生成音楽をストリーミング・サービスにアップロードする手助け

Boomyは、AIによって生成する音楽について模索するスタートアップ企業の一つで、今年初めに、ベータ版をローンチしている。テストユーザーは既にこの技術を利用して10万曲を超える楽曲を作成しているとのこと。Boomyはこの度、一般のユーザーにも招待制でウェブサイトにログインし、楽曲を作成できるようにするという。CEOのアレックス・ミッチェル氏は「我々のデータによれば、最初の5分で、自分が作った最初の曲に保存する価値があると分かるでしょう」とブログで述べている。

ミッチェル氏は、BoomyがAI生成音楽で何を達成しようとしているかについても語った。「我々は、意味ある音楽を作ることは、時間をどれだけ割いたかや、リソースの有無、才能の有無さえも問わず、シンプルかつ誰でもアクセスできるものであるべきだという強い信念を持っています。」

ミッチェル氏によると、そのアクセシビリティを推進すべく、Boomyは、最も手頃な価格のスマートフォンでも利用可能だとのこと。「我々は、近い将来、専用のモバイルアプリをリリースする予定ですが、boomy.comも最新のブラウザ標準で稼働させ続け、ユーザーがどのデバイスを使用していても、確実にサービスを利用できるようにします」

ここで興味深いのが、ユーザーがBoomy上で作成した楽曲をストリーミング・サービスにアップロードすることを、Boomyが積極的に推奨していることだ。「サービスを開始した最初の日から、ユーザーが自身の楽曲をダウンロードして、ストリーミング・サービスにアップロードしていることに気づきました。そのため、我々はこれをプレミアム機能の一部として提供することに決めたのです。」とミッチェル氏は述べている。「ベータ版でこの機能をローンチしてから、先月にはユーザーのため、SpotifyやApple Musicのようなストリーミング・サービスに何百もの楽曲を配信し、すでに何千回もの再生数を獲得しています。」

ミッチェル氏の投稿には、Boomyの自社アートワーク生成ツールによって作成された画像とともに、いくつかの楽曲へのリンクが貼られている。「この投稿を読むのに使っているデバイスが何であれ、インスタグラムに投稿するのと同じくらいの労力で、オリジナルの楽曲を作り、好みに合わせて編集し、ストリーミング・サービス上でロイヤリティを稼ぐことができるようになったのです。」

Boomyは、自社のサービスを利用して制作された楽曲をフィーチャーするSpotifyのプレイリストも作成している。AI音楽のスタートアップが、その技術の成果を商用のストリーミング・サービス上で公開するのは今回が初めてではないが、Boomyは、ユーザーが自身でこういった行動をするように奨励し、マネタイズの機会を実際に作っているという点で、他よりも一歩先に出ていると言えるだろう。

現時点では、プロのミュージシャンを脅かすような存在ではないが、Boomyによって作成された楽曲のいずれかが、今後、何千の単位を超える再生回数を稼ぎ、より大きな注目を浴びることができるか、注目したい。

ホワイトレーベル型チケット販売プラットフォームのZaikoが資金調達

日本のコンサート・チケット市場に新たなスタートアップ企業「Zaiko」が現れた。Zaikoは、イベント主催者およびデジタルメディア企業向けホワイトレーベル(ある企業が独自で開発した製品やサービスを他の会社が自分のブランドとして販売すること)型の多言語チケット販売プラットフォームだ。Zaikoでは、ライブ・プロモーターや会場、アーティストなどが直接ファンにチケットを販売することを可能にしている。

Zaikoへは、音楽専門チャンネルなどを手掛けるスペースシャワーネットワークや、ベンチャーキャピタルのNorth Base Mediaが出資を行なっている。Spotifyと同様に、Zaikoも「二面的マーケット・プレイス」戦略を基盤にしている。とはいえ、Zaikoの場合、デジタル・メディア・パートナーのネットワークとインフルエンサーが対象となる二面であり、その二面を重心にしてコンサートのチケットを販売していく。

ZaikoのCEOであるマレック・ナーセル氏は「日本やアジア諸国は、ライブイベントや観光市場の両方でその重要性を増してきています。そのため、イベントの主催者や販売者向けに、柔軟性があり、デジタルで、多言語のイベント・チケット販売プラットフォームが必要不可欠になっているのです。」と語っている。

ルイ・トムリンソンがスタートアップ「Landmrk」を新曲プロモーションに使用

デジタル・デバイス上の位置情報を利用したスタートアップに、「Landmrk(ランドマーク)」というサービスがある。ユーザーが特定の場所に行くことにより、デジタルコンテンツにかけられた鍵を解除して限定コンテンツを視聴することができる、音楽やコンテンツのための「ポケモンGO」的なサービスだ。

これまでも、アリアナ・グランデや、ラテン系ボーイズ・グループのCNCOなどが、Landmrkを使ったキャンペーンを展開してきたが、元ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンが新しくそのリストに加わることとなった。

Landmrkは、音楽業界向けに昨年12月、「Landmrk for Music」というプラットフォームをローンチした。ルイ・トムリンソンはこのプラットフォームを利用して、デジタル上で「Two of Us」というシングルのプロモーションを行っている。

キャンペーンの手順について、ルイ・トムリンソンは自身のツイッターとインスタグラム上に下記のように投稿している。

「世界中のホットスポット(コンテンツが埋め込まれている特定の場所のこと)に、いくつか動画クリップを隠したよ。見つけられたら、新曲の特別映像を視聴することができるよ。見つけたらハッシュタグ#TwoOfUSで共有して、他のピースと繋げてみてね」

ファンは、スマートフォンから特設サイト(the campaign's website)にアクセスすることで、近くにあるホットスポットを探すことができるようになっている。

ルイ・トムリンソンが投稿したインスタグラムの告知動画は、投稿から2日間で150万回再生され、ツイートは9万回以上いいね、3万回以上リツイートされていた。さらに、ツイッター上では#TwoOfUsがトレンド入りするなど、すでに新曲ともに注目を集めている。

スタートアップ企業「Ecrett Music」が動画BGM用にAIによる音楽作成ツールをローンチ

AIで制作した音楽を提供する最新スタートアップ企業に「Ecrett Music」がある。動画のBGMを作成するという点において、AIを用いて無料で作曲をしてもらうことができるサービスを提供するJukedeckと似ている。

Ecrett Musicは、動画クリエイター向けに、曲のカテゴリー(ワークアウト、旅行、料理など)、ムード(ハッピー、チル、悲しいなど)、そして曲の長さを選ぶことで、アップロードされた動画に合わせてBGMを作成することができるツールを発表した。

価格プランは二つあり、個人や中小企業であれば月額5ドル(約554円)で使用可能、大企業は月額9.99ドル(約1,106円)となっている。どちらのプランでも、ユーザーは好きなだけ楽曲を作成・ダウンロードすることができ、商用利用も可能だ。これらの音楽は著作権使用料がかからない仕組みになっているが、著作権はEcrett Musicの親会社である「Dmet Products」が保持することとなるため、転売や再配布はできない。

Dmet Products創設者の楠太吾氏は、以前には、バングル型のIoTデバイス「SoundMoovz」をローンチし、世界最大級の音楽見本市SXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)などで好評を博し、世界17カ国に40万台を出荷している。

新しいベンチャーであるEcrett Musicでは、「フラットで機械っぽいサウンド」を提供するライバルと比較して、「人間の作曲家によって作曲されたと勘違いされるようなエモーショナルなメロディー」を約束しているとのこと。