アプリ消費時間の10%、アプリ消費額の74%をモバイル・ゲームが占める

分析企業のApp Annieが、モバイルアプリ内のゲーム市場について新たなデータを発表した。発表によると、「全モバイル・ダウンロード数のうちの33%、そして、モバイル上における消費時間のうち10%がゲームから生じている」という。また、「ハイパーカジュアル(※1)とクロスプラットフォーム(※2)型ゲームの台頭により、アプリストアにおける全消費額の74%がゲームからもたらされている」とも発表している。

さらに、App Annieは、2019年、全ゲーム消費額(モバイル、コンソール、PCなど)のうち、モバイルゲームが占める割合は60%になると予測している。伝統的なゲーム業界で長年にわたり、見くびられてきた分野としては、悪くない数字と言えるだろう。

※1ハイパーカジュアル:ハイパーカジュアルゲームとは、開発に時間がかからず、シンプルなインターフェイスで、直感的にプレイできるゲームのこと。
※2 クロスプラットフォーム:ハードの垣根を超えてコンテンツを楽しむことができるプラットフォーム連携機能のこと。