アジア

Epidemic Soundが資金調達を完了、アジアへと拡大

スウェーデン発の完全ロイヤリティ・フリーの業務用音楽ライブラリを提供するEpidemic Soundが2,000万ドルの資金調達を完了し、アジアへのビジネス拡大を予定していると発表した。

Epidemic Soundは、今回の資金調達でも関わった韓国の投資会社DS Asset Managementとパートナーシップを組み、今秋、韓国にオフィスを開設する予定だという。

「まだ上陸前であるにも関わらず、アジア大陸全体において、Epidemic Soundの音楽プラットフォームへの需要が急増していることを目の当たりにしてきました。そのため、今回のローンチは、Epidemic Soundにとって自然な次なるステップだと考えています」と同社CEOのオスカー・ホグランド氏はコメントしている。また、同社によると、昨年の収益は二倍になっているとのこと。

Music Allyは、YouTuberやその他のオンライン動画カスタマーに音楽をライセンスすること重きを置いてスタートするであろう、Epidemic Soundのアジアにおける計画についてさらに追究した。

「我々の最初のステップはコンテンツ制作者やストーリーテラーに対し、我々の音楽にアクセスし、使用することを可能にすることです。そうすることで、世界のその地域で音楽を聴いてもらいたいと思っている新興のアーティストに大きなチャンスをもたらすことができます」とホグランド氏は語った。

ホグランド氏は、「K-Pop音楽のクリエイターと契約することが2020年以降の優先事項ですね」とコメントしつつ、韓国がさらなる拡大へのハブになるだろうと付け加えた。

「我々は、韓国への参入を、日本や中国への参入手段としても是非活かしていきたいと考えています。段階的な計画なので、各国にいつローカライズされたコンテンツとともに我々のカタログを公開していくかということは明言できませんが、計画はしています」

Chartmetricが東南アジアの「トリガー・シティ」について分析

以前、音楽分析企業のChartmetricによる、「トリガー・シティ」と呼ばれる地域がグローバル・ヒットを生み出す能力があるという理論を紹介した。そして今回、Chartmetricが東南アジア地域に焦点を当て、「トリガー・シティ」に関する第二弾目の記事を発表した。

Spotifyがどのように、該当地域でプラットフォームとして機能しているかという点でも優れたデータがいくつかあり、現在は、K-PopアーティストのBlackpink、米アーティストのLauvやその他多くの西洋アーティストが、月間リスナーという評価基準において良いパフォーマンスとなっているという。

「東南アジア上位6都市のSpotifyチャートからもう一つ分かることは、ジャカルタ(1,060万人)、シンガポール(580万人)、ケソンシティ(290万人)が、いかに西洋に精通および調和しているかということです。ジャカルタはトップ10位までの地域アーティストのうち、西洋アーティストを8組、シンガポールは9組、ケソンシティは7組を支持しています。そのため、Spotify内では、これらの地域は間違いなく似たような音の好みを持つ都市であり、プラットフォーム上で同じような方法でマーケティングすることが可能だと考えられます。」とChartmetricは説明した。

トリガー・シティ:中南米とアジアの都市が世界的ヒットの在り方を再定義する

音楽データツールを提供するChartmetricのジェイソン・ジョーヴェン氏が「トリガー・シティ(※Chartmetricのチャズ・ジェンキンス氏によって考案された表現)」について分析するブログを発表した。

要約すると、オンラインにおいて楽曲の人気が出始める地域、世界的なヒットに繋がりやすい地域を理解する内容になっている。これらは、常に明白な地域(例えばロンドンやニューヨーク、ロサンゼルス、ベルリン、ストックホルムなど、自分たちをテイストメーカーとして位置付け田がる人々がいる都市)であるとは限らない。

「インドネシアの流行に敏感な人がSoundCloud上で無料で見つけた楽曲を、次の週には、Spotifyプレミアムをファミリープランで使うアイオワ州の10代ユーザーが再生しているかもしれません。もしくは同じ日にそうなることだってあり得ます。」とジョーヴェン氏は述べる。

音楽業界はまだ、音楽プロモーションとバイラリティーにおける根本的変化を理解しようとしている段階にあるとジョーヴェン氏は主張している。

楽曲の「誇大宣伝の源」は今や「社会経済的に、IFPIが毎年測定する世界のストリーミング収益への貢献度がそれほど高くない都市」でも発生しうる。これらの都市が「トリガー・シティ」であり、事実上、楽曲に対して、分散した一連のゲートキーパーとしての役割を果たしており、ストリーミングが成長するに従って、影響力を増していくという。

昨年ジェンキンス氏が実施した楽曲の初期分析(アーティストの国籍にフォーカスするのではなく、ストリーミングにおいて勢いが増した地域を調べたもの)では、「中南米と南および東南アジアの『トリガー・シティ』は、より早く新興のアーティストにエンゲージメントを示す傾向がある」ことを発見している。これは、聴かれているアーティストの出身地に関わらず、だという。トリガー・シティが引き金となり、ドミノ効果的に他の都市がそれに続いているとのこと。

ジョーヴェン氏がデータを詳細に調べたところによると、Spotifyにおける月間リスナー数ではメキシコシティとサンティアゴが上位二都市だったとのこと(ちなみにサンパウロは5番目)。ジャカルタ、ブエノス・アイレス、ケソンシティも上位20位以内にランクインしている。

YouTubeでは、メキシコシティ、バンコク、ボゴタ、サンティアゴ、リマ、サンパウロ、インドの複数都市が上位を占めているという。しかし、ジョーヴェン氏は、重要な警告として、アメリカのヒット曲がこれらの都市で容易に優勢になれるわけではないと付け加えている。

突き詰めると、音楽業界は、どこにマーケティング費用やオンライン広告予算を使うか配分するかを考える必要があるという。これらの「トリガー・シティ」は、従来、費用が多く割かれてきた都市よりも、ずっと多くのストリーミング再生回数(そしてずっと多くの収益)を生み出すことができる。この事実を念頭に置いて、ビジネスは焦点と取り組みを再調整していく必要があるだろう。