アプリ

YouTubeに関する最新統計をアプリ分析企業が発表

アプリ分析企業のSensorTowerとApp Annieがそれぞれ、YouTubeとYouTube Musicに関する分析を発表した。

SensorTowerの分析は、より一般的な内容になっている。SensorTowerによると、2019年第2四半期、YouTubeはアップルのApp StoreとAndroidのGoogle Play Storeにおける「写真と動画」カテゴリーにおいて、世界的に最も売れたアプリとなったという。YouTubeのユーザーはアプリ内で「1億3,800万ドル(約146億5千万円)近く」消費しており、その額は第1四半期の合計の倍以上だとSensorTowerは報告している。ちなみにこの消費額は、有料プランのYouTube Premiumと、YouTube Liveにおける「スーパーチャット」の投げ銭からの収益を合わせたものだが、特に音楽に限った数字ではない。

App Annieの分析は、YouTube Musicに焦点を当てている。「世界におけるYouTube Musicのスマートフォン月間アクティブ・ユーザー数は、前年比で170%の成長を見せ、SpotifyやApple Music、SoundCloudなどの主要競合企業の成長率を上回った」とApp Annieは発表している。ただ、実際のユーザー数に関しては発表されておらず、記載されているのは、様々なサービスの成長率に関する前年比との比較チャートのみだ。

App Annieは、月間アクティブ・ユーザー数の観点では、Spotifyが未だに最も人気な音楽ストリーミング・スマートフォンアプリだと分析しており、2位Apple Music、3位SoundCloud、4位Pandora、5位Amazon Music、6位YouTube Music、7位インドのサービスのJio Saavn、8位同じくインドのサービスのGaana、9位TuneIn Radio、10位Deezerが続いている。

YouTube Musicが有料会員からどれほどの収益を上げているかはこれらの数字からは定かではないが、SoundCloudやYouTube MusicなどのアプリのオーディエンスをSpotifyやApple Music、Amazon Musicなどのその他のストリーミングサービスと比較する数少ないチャートとなっていることは事実だ。

ただ、これらの報告には、注意すべき点もいくつか存在する。JioSaavnとGaanaはともに、自社の統計では1億人以上アクティブ・ユーザー数がいると主張しているが、両社ともに、Apple Musicよりも下位となっており、Apple Musicと言えば、有料会員数が6,000万人いると言われており、無料お試しユーザーを合わせても1億人には到達しないと予測される。可能性としては、Apple Musicではなく、アップルの「Music」アプリの月間アクティブ・ユーザー数をカウントしていることも考えられなくはない。もしくは、インドのサービスによる主張を疑っているということもあるかもしれない。

アプリ最新統計情報:2019年上半期、TikTokのインストール数は3億回超え

分析企業のSensor Towerが、アプリ経済がどれほど成長しているか、どのアプリがその成長の恩恵を受けているのか、最新統計情報を発表した。

報告によると、「2019年上半期に、世界のApp StoreとGoogle Playにおいて、ユーザーがモバイル・アプリやゲームに費やした金額は総額で397億ドル(約4兆3,200億円)」となり、「2018年上半期344億ドル(約3兆7,430億円)より15.4%増となった」という。

2019年の消費額397億ドル(約4兆3,200億円)のうち、255億ドル(約2兆7,750億円)がアップル社のApp Storeにて、142億ドル(約1兆5,450億円)がGoogle Playにて消費されたとSensor Towerは考えている。「アプリの初回インストール」(アップデートなどの数は含まない)数は、合計567億回で、そのうちApp Storeが148億回、Google Playが419億回であったのにも関わらずだ。

つまり、アップル社とグーグル社二つのアプリ・ストアを合わせて考えると、アプリ総収益のうち、アップル社は64%強を占めたが、アプリのインストール数では26%しか占めていないことになる。Sensor Towerは、「App Storeは、Google Playの3分の1のインストール数で、Google Playのおよそ1.8倍近くの収益を生み出し続けている」と報告した。

Sensor Towerによると、2019年上半期、モバイル・ゲームにおける消費額は、App StoreとGoogle Playの両ストアにて、296億ドル(約3兆2,205億円)を占めたとのこと。つまり、全体のおよそ75%にもなる。

モバイル・ゲームで最も収益を上げたのは、中国テンセントによる「Honor of Kings」で、2019年上半期に7億2,800万ドル(約793億円)の消費を生み出したという。さらに、この数字はApp StoreとGoogle Playのみの数字であって、中国におけるAndroid向けのアプリ・ストアの統計情報は含まれていない。

アプリのダウンロード数ランキングでは、2019年上半期に最も世界的にダウンロードされた上位3つのアプリは、WhatsApp、メッセンジャー、フェイスブックとなった。ちなみに、4位はTikTok、5位がインスタグラムとなっている。Sensor Towerは、TikTokが「第2四半期において、TikTok最大の市場となっているインドで二週間禁止となったのにも関わらず」、2019年上半期における初回インストール数は3億4,400万回近かったと予測している。

MelodyVRがベータ版スマートフォンアプリと「Viewer」ハードウェアを発表

音楽関連のVRスタートアップ企業の成長を阻む原因の一つとして、VRヘッドセットの所有率が予想以上に伸び悩んでいることが挙げられる。スタートアップ企業のMelodyVRが、この課題に取り組むべく動き始めた。

MelodyVRは、Android端末とiOS端末向けに、クローズド・ベータ版のアプリをローンチしており、今夏には商用発売する予定だという。アプリでは、ヘッドセットなしでも、スマートフォン上で、MelodyVRが所有するライブ・カタログや、音楽関連のVRコンテンツを360°動画として再生できるとのこと。

しかしながら、MelodyVRの戦略第二弾は、自社ハードウェア「MelodyVR Viewer」のローンチにある。MelodyVRによると、「最近のスマートフォンを持っている人であれば誰でも、専用のVRデバイスを必要とせずに本物のVRを体験できる、高品質かつ低価格の製品」だという。このデバイスは、今年中に「現在のハードウェア製品と比較して、非常に低価格で」ローンチされる予定とのこと。

ちなみに、価格はまだ発表されていない。MelodyVRによってローンチされたプレビュー・サイト(https://melodyvr.com/mobileapp_preview/)を見ると、グーグルの「Daydream View」ヘッドセットとよく似ていることが分かる。

また、MelodyVRはイギリスで7月に開催されるWireless Festivalとチームを組み、新アプリのローンチ・イベントを主催するという。コンサートの間、アーティストとバーチャル上でファンが交流できるVRスペースや、ライブをストリーミング配信する予定とのこと。

アプリ消費時間の10%、アプリ消費額の74%をモバイル・ゲームが占める

分析企業のApp Annieが、モバイルアプリ内のゲーム市場について新たなデータを発表した。発表によると、「全モバイル・ダウンロード数のうちの33%、そして、モバイル上における消費時間のうち10%がゲームから生じている」という。また、「ハイパーカジュアル(※1)とクロスプラットフォーム(※2)型ゲームの台頭により、アプリストアにおける全消費額の74%がゲームからもたらされている」とも発表している。

さらに、App Annieは、2019年、全ゲーム消費額(モバイル、コンソール、PCなど)のうち、モバイルゲームが占める割合は60%になると予測している。伝統的なゲーム業界で長年にわたり、見くびられてきた分野としては、悪くない数字と言えるだろう。

※1ハイパーカジュアル:ハイパーカジュアルゲームとは、開発に時間がかからず、シンプルなインターフェイスで、直感的にプレイできるゲームのこと。
※2 クロスプラットフォーム:ハードの垣根を超えてコンテンツを楽しむことができるプラットフォーム連携機能のこと。

米音楽メディア Pitchfork「Tik Tokは音楽の巨大なインターネット・ミーム詐欺」

世界中で若者を中心に流行している、中国発の短編動画共有SNSアプリ「TikTok(ティックトック)」をご存知だろうか。

米音楽メディアのPitchfork(ピッチフォーク)が、ソーシャル・ビデオ・アプリのTikTokについて、親会社である中国企業ByteDance(バイトダンス)の企業価値と、アプリ内での楽曲使用に対して、アーティストが受け取るロイヤリティの差について比較した記事を発表した。

批判的な内容の濃い記事だが、楽曲がTikTokで話題になったことで、TikTokよりもロイヤリティ率の高いYouTube上において、音楽再生回数が跳ね上がった例として、TikTokの動画内で400万回以上も使用されているという、iLOVEFRiDAYというアーティストの「Mia Khalifa」という曲も挙げている。

Pitchforkは「iLOVEFRiDAYの公式ミュージックビデオの再生回数は10倍にも増え、YouTube上における楽曲を抜粋した動画も2億回以上再生された。YouTubeのロイヤリティ率に関するレポートによると、15万ドル(約1,661万円)は優に超える支払額だった可能性がある。」と伝えている。

しかし、Pitchforkは同時に、TikTokの姿勢に懸念を示している。 YouTubeは度々、音楽業界の権利所有者から「バリュー・ギャップ問題(※1)」や「セーフ・ハーバー・ルール(※2)」について、定期的に批判を受けてきた。TikTokもライセンスに対して、YouTubeと同じような姿勢を採用しているのではないかという懸念だ。

Pitchforkは、TikTokの現状について、「契約書に同意して、いくらか支払いを受けるか、音楽はいずれにせよ使われることになるが、契約に同意せずに支払いを一切受けないことにするか、のどちらかの選択しかない。無断で音楽を使われたくなかったら削除申請するしかない」と批判している。

※1 バリュー・ギャップ問題=YouTubeから音楽業界に対して還元される対価が実際に消費者によって音楽が視聴されている量に比べ、著しく低い問題

※2セーフ・ハーバー・ルール=テクノロジー企業は削除要請に応じる限り、著作権を侵害する投稿に対する法的責任を免除されるという基準。これが、YouTube上のバリュー・ギャップ問題を生む原因と言われている。