スマートフォン

音声アシスタントの使用が「クリティカル・マス」に到達しているとeMarketerが発表

調査会社のeMarketerが、米国における音声アシスタント技術の使用に関する新たな統計を発表した。

「米国において今年は、昨年の1億200万人から9.5%増となる、1億1,180万人が最低でも月に一度は音声アシスタントを使用するだろうと我々は予測しています。これは、アメリカにおけるインターネットユーザーの39.4%、全人口の33.8%に相当する人数です。2021年までに、アメリカにおける音声アシスタントのユーザー数は1億2,270万人に達し、米インターネット・ユーザーの42.2%、米人口の36.6%に相当するようになるでしょう。」

ただ、これは、「音声アシスタントのユーザー数」であって、「スマートスピーカーのユーザー数」ではないことは注意する必要がある。「今日、ほとんどの人がスマートフォンやスマートスピーカー場で音声アシスタントを使用しています。かなりの差をつけて、スマートフォンでの利用が最も一般的となっています。」とeMarketerは発表している。

また、eMarketerの調査によると、アメリカでは、女性の34.4%、男性の33.3%が音声アシスタントを利用しているという。「初期の利用は、女性に若干偏っていましたが、音声アシスタントを利用する男性の割合も近年加速しています」とeMarketerは述べている。

2018年最終四半期における、スマートフォンの世界的売上が「失速」

調査会社のGartnerが、スマートフォンの売上に関する最新統計を発表した。発表によると、2018年最終四半期におけるスマートフォンの売上は「失速」しているという。

ちなみに、この統計は、売上(ユーザーに販売された台数)であり、小売業社への出荷数ではない。Gartner社によると、2018年最終四半期に販売されたスマートフォンの台数は前年同期比0.1%増の4億840万台だったという。

Gartner社上級調査責任者のAnshul Gupta氏は、「初心者用と中価格帯のスマートフォンの需要は強く残っていますが、ハイエンドのスマートフォンに対する需要は2018年最終四半期も減速を続けました。技術革新スピードの減少と、価格高騰によって、ハイエンドのスマートフォンに切り替える人が減ったのです」と語っている。

同社はさらに、2018年における全体の市場シェアに関する統計も発表している。1位はサムスンの19%(販売台数2億9,500万台)、2位がアップル iPhone製品の13.4%(販売台数2億900万台)となった。3位の中国企業Huaweiも急速に成長しており、2018年の販売台数は2億290万台となった。今年、Appleの市場シェアを抜く可能性も十分考えられるだろう。