人工知能

ラジオにヒントを得て、ストリーミングをAIで刷新しようとするスタートアップ企業Super Hi-Fi

米スタートアップ企業Super Hi-Fiは、楽曲を別の楽曲にミックスしたり、インタビューを差し込んだり、アーティスト名や楽曲名をアナウンスしたりと、ラジオ・スタイルに落とし込むことを可能にするAIラジオ・プロデューサー的技術を提供している。

Super Hi-Fiはラジオ・プロデューサーの職を奪おうとしているわけではない。同社は音楽ストリーミング・サービス向けに、従来のラジオのように聞こえるようにする技術を提供しているのだ。

「アーティストからの個人的な、心のこもった話でも、スポーツ、ニュース、サウンド・エフェクトでも、あるいは適切に曲と曲を融合するのでもいいでしょう。スピーカーから聴こえてくるものは、本当に気にかけている人の手によって調整されたものであるべきですが、現在では、数百万人の人が数百万の曲をストリーミング再生で聴いているため、リアルタイムで大規模にこういったことを行うことは難しくなっています」とSuper Hi-FiのCEOであるザック・ゼイロン氏は語る。

Super Hi-FiのAIが人々の再生に落とし込むことができるオーディオは、再生されている楽曲にマッチするだけでなく、再生しているリスナーに関して、興味関心や位置情報、年齢層など、ストリーミング・サービスが保有しているデータにも合わせられるという。

また、Super Hi-Fiは、今年6月にユニバーサル・ミュージック・グループと戦略的パートナーシップを組むことを発表しており、ユニバーサル・ミュージック・グループのアーティストと音楽のプロモーションを促進する新たな方法を共同で開発していくという。

「今日のデジタル音楽サービスは何も象徴していません。軽んじているわけではありませんが、どのストリーミング・サービスも同じ音楽カタログを保有しており、同じプラットフォームで利用可能になっていて、一つ違うものといえばユーザー・インターフェイスくらいでしょう。しかし、視覚的なユーザー・インターフェイスが全くないスマートスピーカー で音楽を聴く消費者が増えるにつれて、これらのサービスは差別化を測ることが難しくなっているのです」とゼイロン氏は語る。

この考えが、Super Hi-Fiのストリーミング・サービスへの売り込みの中核となっている。まず、より力強いオーディオ・ブランドを築き上げる必要があること、そして次に、伝統的なラジオ局による、曲間のコンテンツからヒントを得るべきであること、そして三つ目に、大勢の人に向けて、リアルタイムでパーソナル化ができるよう、AIを活用すべきであることをSuper Hi-Fiは提案している。

「楽曲間のスペースをどのように活用するかが、ストリーミング・サービスごとの差別化を図る要素になると考えています。我々のビジョンは、ラジオのテクニックを用い、パーソナライズされた素晴らしいコンテンツを入れ込むことで楽曲間のスペースを強化し、素晴らしい体験を生み出すことです。我々はストリーミング・サービスがこれを実現する手助けをすることができます。」とゼイロン氏は述べている。

スタートアップ企業BoomyがAI生成音楽をストリーミング・サービスにアップロードする手助け

Boomyは、AIによって生成する音楽について模索するスタートアップ企業の一つで、今年初めに、ベータ版をローンチしている。テストユーザーは既にこの技術を利用して10万曲を超える楽曲を作成しているとのこと。Boomyはこの度、一般のユーザーにも招待制でウェブサイトにログインし、楽曲を作成できるようにするという。CEOのアレックス・ミッチェル氏は「我々のデータによれば、最初の5分で、自分が作った最初の曲に保存する価値があると分かるでしょう」とブログで述べている。

ミッチェル氏は、BoomyがAI生成音楽で何を達成しようとしているかについても語った。「我々は、意味ある音楽を作ることは、時間をどれだけ割いたかや、リソースの有無、才能の有無さえも問わず、シンプルかつ誰でもアクセスできるものであるべきだという強い信念を持っています。」

ミッチェル氏によると、そのアクセシビリティを推進すべく、Boomyは、最も手頃な価格のスマートフォンでも利用可能だとのこと。「我々は、近い将来、専用のモバイルアプリをリリースする予定ですが、boomy.comも最新のブラウザ標準で稼働させ続け、ユーザーがどのデバイスを使用していても、確実にサービスを利用できるようにします」

ここで興味深いのが、ユーザーがBoomy上で作成した楽曲をストリーミング・サービスにアップロードすることを、Boomyが積極的に推奨していることだ。「サービスを開始した最初の日から、ユーザーが自身の楽曲をダウンロードして、ストリーミング・サービスにアップロードしていることに気づきました。そのため、我々はこれをプレミアム機能の一部として提供することに決めたのです。」とミッチェル氏は述べている。「ベータ版でこの機能をローンチしてから、先月にはユーザーのため、SpotifyやApple Musicのようなストリーミング・サービスに何百もの楽曲を配信し、すでに何千回もの再生数を獲得しています。」

ミッチェル氏の投稿には、Boomyの自社アートワーク生成ツールによって作成された画像とともに、いくつかの楽曲へのリンクが貼られている。「この投稿を読むのに使っているデバイスが何であれ、インスタグラムに投稿するのと同じくらいの労力で、オリジナルの楽曲を作り、好みに合わせて編集し、ストリーミング・サービス上でロイヤリティを稼ぐことができるようになったのです。」

Boomyは、自社のサービスを利用して制作された楽曲をフィーチャーするSpotifyのプレイリストも作成している。AI音楽のスタートアップが、その技術の成果を商用のストリーミング・サービス上で公開するのは今回が初めてではないが、Boomyは、ユーザーが自身でこういった行動をするように奨励し、マネタイズの機会を実際に作っているという点で、他よりも一歩先に出ていると言えるだろう。

現時点では、プロのミュージシャンを脅かすような存在ではないが、Boomyによって作成された楽曲のいずれかが、今後、何千の単位を超える再生回数を稼ぎ、より大きな注目を浴びることができるか、注目したい。

Amadeus CodeがシリーズAの資金調達で180万ドルを確保

東京を拠点とするAI企業のAmadeus Codeは、自社のサービスを作曲家のためのシソーラス的存在と説明する。Amadeus Codeはこの度、World Innovation Lab(WiL)主導により、180万ドルの資金調達を完了したという。

Amadeus Codeは2017年に設立され、スランプに悩んでいたり、新たなジャンルに挑戦しようとしている作曲家が、最高のメロディー・アイデアを素早く生み出すための手助けをしている。

Amadeus Codeのアプリは何百ものコード進行があらかじめインストールされており、ユーザーはマッチング・アプリのTinderのように、気にいったか気に入らないかをスワイプで選択できるようになっている。さらに、好きなだけリズムやテンポを調整することも可能だ。

Amadeus Codeの共同設立者でありCOOでもある福山泰史氏は、「音楽とクリエイティビティにおけるAIの展望を、我々と同じくらい楽しみにしている人たちがテクノロジー業界にいると分かり、感激しています。WiLの協力と洞察力を歓迎します。」と語っている。WiLのジェネラル・パートナー兼共同設立者の松本真尚氏は「ビジネスモデルの変革が長らく求められてきた音楽業界で、同社の活動は新たな道になると確信しています」と付け加えている。

フェイスブック社が独自音声アシスタントを開発中

フェイスブック社のCEOマーク・ザッカーバーグ氏は、AI音声アシスタントへ関心を抱いていることでよく知られている。2016年におけるザッカーバーグ氏のミッションは、Jarvisという名前のAI「執事」を構築することだった。

そして現在、ゲイスブックは、世界中の23億2千万人のユーザーにサービスを提供すべく、音声アシスタントの開発に取り組んでいるという。ビジネス・ニュース・チャンネルのCNBCが最初に報道した内容によると、フェイスブック社のワシントン州レドモンドにあるオフィスでは、「アマゾンのAlexaや、AppleのSiri、グーグル・アシスタントなどに対抗できる音声アシスタントを開発している」とのこと。

フェイスブックも報道内容について認めており、「PortalやOculus、また将来的にローンチされる製品など、フェイスブック社が関わるAR/VR製品群向けに、音声AIアシスタント技術を開発しています。」とロイター社に語っている。

今のところ、明かされている情報はそれくらいだが、今回の発表はそれほど驚くことではない。フェイスブックが初のスマート・ディスプレイ「Portal」を2018年にローンチした時、音声コントロール機能としては、アマゾンのAlexaを採用していた。競争的な観点から見れば、フェイスブックが自社で音声アシスタントを構築し、コントロールできるようにすることは長期的に考えて自然な流れであると言えるだろう。

ただ、フェイスブックはこれまで、プライバシーに関して色々と問題を巻き起こしており、人々がフェイスブックのAIを受け入れるようにするためには、まず信用問題を解決せねばならないかもしれない。しかし、その問題は、フェイスブック固有ではなく、グーグルやアマゾンなど、AI音声アシスタントを開発しているその他の大規模テクノロジー企業にも言えることだろう。

ディープフェイク動画についてロイター通信社が警告

「ディープフェイク」という言葉を聞いたことがあるだろうか?ディープフェイクというのは、AI(人工知能)による「ディープ・ラーニング(深層学習)」と「フェイク(偽物)」を掛け合わせた言葉だ。
ロイター通信社は、ディープフェイクの動画を「政治的または商業的利用のために、文脈が取り除かれ、不正表示され、編集された、やらせの、CG技術によって大幅に変更された動画」と定義している。例としては、有名人や政治家が実際には言っていないことを、言っているように見せかける動画などが挙げられるだろう。

ディープフェイク技術を使って作られた「フェイクニュース」を見分けるための最新調査結果で、ロイター通信社は次のように語っている。「人工知能ベースの技術の進歩により、実在する人々(著名人かどうかに関わらず)に、クリエイターが望む通りの言葉を、望む通りの環境で喋っているように思わせる、非常に説得力ある動画を作ることができるようになりました。」

ロイター通信社は独自の例として、ある言語を話すインタビュー対象者と、別の言語を話す別のインタビュー対象者をそれぞれ撮影し、それらの情報源を組み合わせ、最初のインタビュー対象者が二番目の対象者の言語を話しているように見せかける動画を作成したという。

ディープフェイク技術では、例えば、アーティストに悪意ある発言をさせる動画を作ることも容易い。ロイター通信社が発表したプラスの面としては、現在の技術には歯擦音を発音するときの不自然な口の形など、まだ欠点があるということだろう。

そのため、ディープフェイクの動画は、今のところ特定が可能だが、技術が向上するにつれ、段々と判別が難しくなるだろう。今のうちから、アーティストなど、著名な人物と関わる仕事をしている全ての人は、この技術の存在に注意しておくべきかもしれない。

AI音楽スタートアップEndelがワーナーミュージックからアルバムをリリース

スタートアップ企業のEndelは、「集中したり、リラックスしたりするのに役立つ、パーソナライズされた音楽」をAIで作成できるモバイル・アプリを提供している。Endelのプロジェクトは、アマゾンのAlexa投資プロフラムにも選出されており、アマゾンのスマートスピーカーのスキルもローンチしたばかりだ。

Endelは今年一年間で、ワーナーミュージック・グループと配信提携を組み、同社のアート・ミュージック部門を通して、「ムード」および「生産性向上(フォーカス)」向けのアルバムを20枚リリースする予定だという。

すでに、そのうち5つはストリーミング・サービスを通じてリリースされている。それぞれタイトルは『Clear Night』、『Rainy Night』、『Cloudy Afternoon』、『Cloudy Night』、『Foggy Morning』だ。まだそれほど人気になっているとは言い難いが、すでに、Spotify上では、他の生身のアーティストと同じように、公式の「This is Endel」プレイリストが作成されている。

Endelのようなテクノロジーが、ムード音楽周りにおける急速な成長を遂げる経済で果たす役割の可能性には、興味深いものがある。特に、もしこれらの技術を活用して、各リスナーが聴いている楽曲の好みや、リスナー自身の情報に合わせて音楽を生成するようになれば、さらに面白くなるかもしれない。

今後、これらAI技術が既存の音楽業界やアーティストに、どのように迎えられるかという問題にも注目する必要があるだろう。