決算報告

テンセント・ミュージックのオンライン音楽分野の有料ユーザーは2,840万人に

中国のテンセント・ミュージック・エンタテインメントが、2019年第1四半期の決算を発表した。音楽ストリーミングの成長というより、これまで通りソーシャル・エンタテインメントアプリ(カラオケ・ライブ配信)に焦点を当てたビジネスによって、純利益は9億8,700万元(約157億4千万円)となり、総収益は前年同期比39.4%増となる57億4千万元(約915億8千万円)となった。

音楽ストリーミングはどのような数字となっているだろうか?テンセント・ミュージックが中国で運営する3つのオンライン音楽サービス(QQ Music=QQ 音楽、Kugou=酷狗、Kuwo=酷我)のモバイル月間アクティブ・ユーザー数は、昨年3月末時点での6億2,500万人から4.6%成長し、今年3月末時点で6億5,400万人となった。これらの音楽サービスを有料で利用する人の数は第1四半期末時点で27.4%成長の2,840万人となった。オンライン音楽部門の収益は、前年同期比28%増となる16億1千万元(約256億8千万円)となり、そのうちサブスクリプションからの収益は7億1千万元(約113億3千万円)となっている。

これらの数字から分かることは、テンセント・ミュージックのサービスの無料リスナー数は巨大ではあるものの、収益という観点ではまだまだ初期段階だということだ。テンセント・ミュージックが運営するオンライン音楽サービスにおける、有料会員1人あたりの月間平均収益は8.3元(約132円)となっており、テンセントのオンライン音楽部門の収益である16億1千万元(約256億8千万円)に対して、Spotifyは同時期に16億9,000万ドル(約1,853億8,500万円)の収益を上げている。もちろん、これら二つの企業はそれぞれ上場しているとはいえ、全く別のビジネス形態をとっており、全く別の市場でサービスを運営していることは念頭に置く必要がある。

テンセント・ミュージック・エンタテインメントのCEOである彭迦信氏は「弊社のユーザーはストリーミング・サービスを介して音楽コンテンツをますます消費するようになっており、我々はこの傾向を利用して、今後数年間で徐々に有料ストリーミング・モデルに移行する予定です」と述べている。これは、無料リスナーを大規模に増やすより、中国における有料サブスクリプション会員を促進したいというレーベルの要望を反映する言葉となっている。戦略の鍵としては、ストリーミング・サービスの有料という壁の内側に音楽を増やすことが含まれており、欧米とはまた違った動きとなっている。

テンセント・ミュージック・エンタテインメントのソーシャル・エンタテインメント・ビジネスにも目を向ける必要がある。ソーシャル・エンタテインメント部門のモバイル月間アクティブ・ユーザー数は、前年同期比0.4%増の2億2,500万人となっており、有料でカラオケ・アプリやライブ配信アプリなどのサービスを利用するユーザー数は前年同期比12.5%増の1,080万人となっている。

有料会員1人あたりの月間平均収益は125.7元(約2,005円)となっており、オンライン音楽部門の額の15倍以上だ。テンセント・ミュージックのソーシャル・エンタテインメント部門からの収益は41億3千万元(約659億円)となり、全体の収益の72%を占めている。

Spotifyが決算報告書を発表、ポッドキャスト業界への動き

Spotifyが2019年第1四半期決算を発表した。月間アクティブユーザーは全体で2億1,700万人となり、有料会員登録者数は1億人に到達したという。

また、Spotifyは、ポッドキャスト企業のParcastに5,600万ドル(約62億円)近く支払ったことも明かしており、今年だけでポッドキャスト関連企業に4億60万ドル(約443億2千万円)を費やしている。Spotifyは4億ドル(約442億5,600万円)から5億ドル(約553億2千万円)をポッドキャスト企業買収用に確保していると報道されており、その目的のために、あと1億ドル程度残っている可能性があるということだ。

SpotifyのCEOであるダニエル・エク氏によると、Spotifyのプラットフォームと直接やりとりをしているクリエイターの数はいまや390万人ほどになっており、毎日4万近くの新しい楽曲がアップロードされているという。

また、「第1四半期には、Spotify上で再生されたアーティスト数が前年同期比20%増となり、少なくとも10万人以上のリスナーがいるアーティスト数は前年同期比29%増となりました」とエク氏は語っている。

エク氏は、アマゾンとグーグルによるスマートスピーカー上における新たな無料音楽プランがもたらす競合的脅威に関する質問はそらしつつ、すべてのデバイス上でSpotifyを利用可能にするという野心を強調し、「スマートスピーカーの成長率は驚異的ですが、モバイルと比べるとまだまだ小規模です」と述べた。さらに、エク氏はSpotifyの「利益率向上の未来」は、レーベルとの「契約再交渉」ではなく、Spotifyの「市場戦略」、つまりアーティスト・マーケティング用のツールにあると考えていると示唆した。今後、レーベルやアーティスト向けに、より多くのツールが(有料で)ローンチされる可能性があるということだろう。

また、エク氏はストリーミングはまだまだ飽和状態にはないと自信を見せている。

「音楽業界市場は、ほとんどの人が考えているよりも、もっとずっと大きいのです。今日、世界で音楽を消費している人は何十億人もいます。彼らのほとんどはまだストリーミングを利用していません。我々はもちろん、音楽業界をストリーミングへ移行させようと努力しています。そして、その傾向は強まっています。少なくともあと5年か10年は成長し続けるでしょう」

発表では、Spotifyが広告を通してポッドキャスト業界に付加価値をもたらすことに関する詳細についても言及された。「収益化という観点から見た時、多くのポッドキャスト制作者は苦労しており、収益を生むため、独自に営業部隊を立ち上げなければならない状態です。我々はこの長期的な試みを大きなチャンスと捉えており、ポッドキャスト制作者も、Spotifyがこの分野に参入することを切望しています」とエク氏は述べる。

SpotifyのCFOであるバリー・マッカーシー氏も次のように語っている。

「もちろん、ポッドキャスト分野では歴史的にAppleが最大手でした。Appleは広告ビジネスは展開しておらず、ポッドキャスト広告にはこれまで何の革新もありませんでした。現在、広告はRSSフィードにまとめられ、リスナーの関心や人口統計プロフィールに関係なく、すべてのリスナーに一様に配信されています。そのため我々は、デジタル・アドソーシング技術を構築することに懸命に取り組んでいます。」

世界三大メジャーレーベルによる、一時間あたりのストリーミング収益は約22億円

世界三大メジャー・レーベル全てが、2018年最終四半期における決算報告書を発表した。発表により、昨年一年間を通し、世界三大メジャーのビジネスがどのように成長したかが明らかとなった。

音楽業界サイトのミュージック・ビジネス・ワールドワイド(MBW)の分析によると、昨年、ユニバーサル、ソニー、ワーナーは、ストリーミング・サービスから前年比30.8%増となる69億3千万ドル(約7,682億9,445万円)の収益を上げたという。1時間あたりにして、約1,900万ドル(約21億624万円)の収益だ。

分析によると、2018年、ユニバーサル・ミュージックのストリーミングからの収益は8億6,400万ドル(約957億7,872万円)増加、ワーナー・ミュージックは3億9,600万ドル(約438億9,660万円)増加、ソニー・ミュージックは3億6,800万ドル(約407億9,280万円)増加したという。

ユニバーサル・ミュージックによると、2018年において4番目に売れたのは、ビートルズの『White Album』だったという。調査会社のMIDIAは、「White Album」が売れたのはストリーミングのおかげではないと分析している。

MIDIAは「『White Album』はストリーミングを通じて、ユニバーサル・ミュージックの4番目に売れたアルバムになったわけではなく、フィジカルの売上を通じてなったのです。」とコメントしつつ、50周年記念として同アルバムのプレミアム版が、ストリーミングやダウンロードだけでなく、フィジカルとしてもリリースされたことを指摘している。

また、「25ドル価格バージョンのCDを50万枚と、ボックスセットを7万5千セット売れれば、750万ドル(約8億3,137万円)のレーベル収益を生むことができます。同じ収益ををストリーミングから生み出すとなると、アルバム収録の15曲それぞれを6,250万人が再生しなくてはなりません。」とも分析している。