統計

日本レコード協会が2019年上半期における音楽配信売上の数値を公開

一般社団法人 日本レコード協会が2019年第2四半期と、2019年上半期における音楽配信売上の数値を公開した。「サブスクリプション/音楽」からの収益は、前年同期比24%増となる185億4千万円となり、「サブスクリプション/音楽ビデオ」、「広告収入/音楽」、「広告収入/音楽ビデオ」も共に成長したことにより、ストリーミング全体の収益は、27.5%増となる約214億円となった。

ダウンロードはいまだに減少傾向にある(シングルトラックは12%減、アルバムは10%減)が、2019年上半期における、全体のデジタル音楽収益は6%成長し、340億円強となった。

日本レコード協会は、月ごとに生産実績としてフィジカルの数値を発表している。フィジカルの「オーディオレコード」売上は2.6%増となったものの、「音楽ビデオ」の売上は10.8%減となり、2019年上半期におけるフィジカルの収益は0.25%減の1,490億9千万円となった。

つまり、録音原盤市場全体でストリーミングが占める割合は、わずか14.4%程度ということだ。国際レコード産業連盟(IFPI)が2018年に報告した、全体の収益における3.4%の成長を、2019年後期でさらに強化していくことができるか、注目したい。

テンセント・ミュージックのオンライン音楽サービスの有料ユーザー数が3,100万人に

テンセント・ミュージック・エンターテインメント(TME、騰訊音楽娯楽集団)が、最新の決算を報告した。発表によると、同社が運営する3つのオンライン音楽サービスのアクティブ・ユーザーの成長は鈍化しているものの、それらサービスへの有料加入者数は、遥かに活発な勢いで成長しているとのこと。

テンセント・ミュージックのモバイル月間アクティブ・ユーザー数は、第2四半期末時点で、QQ Music、Kugou Music、Kuwo Musicの3サービスを合わせて、前年同期比1.2%増となる6億5,200万人となった。しかし、同期間で、有料会員数は33%増となり、前年の2,330万人から今年6月末時点で3,100万人まで成長を見せた。今年の第2四半期におけるテンセント・ミュージックの新規有料会員数は260万人となっている。ちなみに、Spotifyの同期における新規有料会員数は800万人だ。

テンセント・ミュージックの有料会員は、月平均8.7人民元(約131円)を消費しており、テンセント・ミュージックの有料会員ごとの平均収益は1.1%下落したことになる。テンセント・ミュージックは、第2四半期において、オンライン音楽サービスから前年同期比20.2%増となる、15億6,000万人民元(約235億600万円)の収益を上げている。この数字には、31.9%の成長を見せ、7億9,800万人民元(約120億2,400万円)の収益を上げた音楽サブスクリプションや、アルバム・ダウンロードの売り上げも含まれている。

テンセント・ミュージックは第2四半期において、9億2,700万人民元(約139億6,700万円)の純利益を報告しているが、今回も、カラオケおよびライブ配信アプリ分野のソーシャル・エンターテインメント事業が大きな役割を果たすこととなった。テンセント・ミュージックにおけるソーシャル・エンターテインメント事業の収益は、35.3%成長し、43億4,000万人民元(約653億8,600万円)となった。

ソーシャル・エンターテインメント事業は、テンセント・ミュージックの総収益の73.5%を占め、オンライン音楽事業は26.5%を占める結果となった。同社のソーシャル・アプリのモバイル月間アクティブ・ユーザー数は、前年同期比4.8%増となる2億3,900万人となり、有料会員数は前年同期比16.8%増の1,110万人となった。カラオケおよびライブ配信アプリの有料ユーザーは月平均130.2人民元(約1,962円)を消費しており、オンライン音楽サービスの有料ユーザーが消費している額の15倍以上となった。

また、テンセント・ミュージックは、Kugouにショートビデオ機能を追加し、ユーザーやプロのクリエイターがともに投稿できるようにしており、TikTokのテリトリーへとサービスを進出させている。他にも、カラオケアプリWeSingのLite版をローンチするとともに、その他の東南アジア諸国にもサービスを展開した。さらに、テンセント・ミュージックは、スマートスピーカーやスマートウォッチ、車などの製造元とのパートナーシップに取り組んでいるという。

決算報告の場では、テンセント・ミュージックの親会社であるテンセントが、ユニバーサル・ミュージック・グループの株を最大20%取得する計画についても言及された。テンセント・ミュージックのCEOであるクッション・パン氏は、「現在、テンセントがヴィヴェンディとの協議を進めています。テンセント・ミュージック・エンターテインメントは、これらの取引への参加に関して、最終決定を下していません。しかし、社内で、特に弊社の役員レベルで、さらに議論が行われていくことでしょう」と慎重な回答をしている。

アプリ最新統計情報:2019年上半期、TikTokのインストール数は3億回超え

分析企業のSensor Towerが、アプリ経済がどれほど成長しているか、どのアプリがその成長の恩恵を受けているのか、最新統計情報を発表した。

報告によると、「2019年上半期に、世界のApp StoreとGoogle Playにおいて、ユーザーがモバイル・アプリやゲームに費やした金額は総額で397億ドル(約4兆3,200億円)」となり、「2018年上半期344億ドル(約3兆7,430億円)より15.4%増となった」という。

2019年の消費額397億ドル(約4兆3,200億円)のうち、255億ドル(約2兆7,750億円)がアップル社のApp Storeにて、142億ドル(約1兆5,450億円)がGoogle Playにて消費されたとSensor Towerは考えている。「アプリの初回インストール」(アップデートなどの数は含まない)数は、合計567億回で、そのうちApp Storeが148億回、Google Playが419億回であったのにも関わらずだ。

つまり、アップル社とグーグル社二つのアプリ・ストアを合わせて考えると、アプリ総収益のうち、アップル社は64%強を占めたが、アプリのインストール数では26%しか占めていないことになる。Sensor Towerは、「App Storeは、Google Playの3分の1のインストール数で、Google Playのおよそ1.8倍近くの収益を生み出し続けている」と報告した。

Sensor Towerによると、2019年上半期、モバイル・ゲームにおける消費額は、App StoreとGoogle Playの両ストアにて、296億ドル(約3兆2,205億円)を占めたとのこと。つまり、全体のおよそ75%にもなる。

モバイル・ゲームで最も収益を上げたのは、中国テンセントによる「Honor of Kings」で、2019年上半期に7億2,800万ドル(約793億円)の消費を生み出したという。さらに、この数字はApp StoreとGoogle Playのみの数字であって、中国におけるAndroid向けのアプリ・ストアの統計情報は含まれていない。

アプリのダウンロード数ランキングでは、2019年上半期に最も世界的にダウンロードされた上位3つのアプリは、WhatsApp、メッセンジャー、フェイスブックとなった。ちなみに、4位はTikTok、5位がインスタグラムとなっている。Sensor Towerは、TikTokが「第2四半期において、TikTok最大の市場となっているインドで二週間禁止となったのにも関わらず」、2019年上半期における初回インストール数は3億4,400万回近かったと予測している。

アプリ消費時間の10%、アプリ消費額の74%をモバイル・ゲームが占める

分析企業のApp Annieが、モバイルアプリ内のゲーム市場について新たなデータを発表した。発表によると、「全モバイル・ダウンロード数のうちの33%、そして、モバイル上における消費時間のうち10%がゲームから生じている」という。また、「ハイパーカジュアル(※1)とクロスプラットフォーム(※2)型ゲームの台頭により、アプリストアにおける全消費額の74%がゲームからもたらされている」とも発表している。

さらに、App Annieは、2019年、全ゲーム消費額(モバイル、コンソール、PCなど)のうち、モバイルゲームが占める割合は60%になると予測している。伝統的なゲーム業界で長年にわたり、見くびられてきた分野としては、悪くない数字と言えるだろう。

※1ハイパーカジュアル:ハイパーカジュアルゲームとは、開発に時間がかからず、シンプルなインターフェイスで、直感的にプレイできるゲームのこと。
※2 クロスプラットフォーム:ハードの垣根を超えてコンテンツを楽しむことができるプラットフォーム連携機能のこと。

2018年最終四半期における、スマートフォンの世界的売上が「失速」

調査会社のGartnerが、スマートフォンの売上に関する最新統計を発表した。発表によると、2018年最終四半期におけるスマートフォンの売上は「失速」しているという。

ちなみに、この統計は、売上(ユーザーに販売された台数)であり、小売業社への出荷数ではない。Gartner社によると、2018年最終四半期に販売されたスマートフォンの台数は前年同期比0.1%増の4億840万台だったという。

Gartner社上級調査責任者のAnshul Gupta氏は、「初心者用と中価格帯のスマートフォンの需要は強く残っていますが、ハイエンドのスマートフォンに対する需要は2018年最終四半期も減速を続けました。技術革新スピードの減少と、価格高騰によって、ハイエンドのスマートフォンに切り替える人が減ったのです」と語っている。

同社はさらに、2018年における全体の市場シェアに関する統計も発表している。1位はサムスンの19%(販売台数2億9,500万台)、2位がアップル iPhone製品の13.4%(販売台数2億900万台)となった。3位の中国企業Huaweiも急速に成長しており、2018年の販売台数は2億290万台となった。今年、Appleの市場シェアを抜く可能性も十分考えられるだろう。