資金調達

Epidemic Soundが資金調達を完了、アジアへと拡大

スウェーデン発の完全ロイヤリティ・フリーの業務用音楽ライブラリを提供するEpidemic Soundが2,000万ドルの資金調達を完了し、アジアへのビジネス拡大を予定していると発表した。

Epidemic Soundは、今回の資金調達でも関わった韓国の投資会社DS Asset Managementとパートナーシップを組み、今秋、韓国にオフィスを開設する予定だという。

「まだ上陸前であるにも関わらず、アジア大陸全体において、Epidemic Soundの音楽プラットフォームへの需要が急増していることを目の当たりにしてきました。そのため、今回のローンチは、Epidemic Soundにとって自然な次なるステップだと考えています」と同社CEOのオスカー・ホグランド氏はコメントしている。また、同社によると、昨年の収益は二倍になっているとのこと。

Music Allyは、YouTuberやその他のオンライン動画カスタマーに音楽をライセンスすること重きを置いてスタートするであろう、Epidemic Soundのアジアにおける計画についてさらに追究した。

「我々の最初のステップはコンテンツ制作者やストーリーテラーに対し、我々の音楽にアクセスし、使用することを可能にすることです。そうすることで、世界のその地域で音楽を聴いてもらいたいと思っている新興のアーティストに大きなチャンスをもたらすことができます」とホグランド氏は語った。

ホグランド氏は、「K-Pop音楽のクリエイターと契約することが2020年以降の優先事項ですね」とコメントしつつ、韓国がさらなる拡大へのハブになるだろうと付け加えた。

「我々は、韓国への参入を、日本や中国への参入手段としても是非活かしていきたいと考えています。段階的な計画なので、各国にいつローカライズされたコンテンツとともに我々のカタログを公開していくかということは明言できませんが、計画はしています」

Amadeus CodeがシリーズAの資金調達で180万ドルを確保

東京を拠点とするAI企業のAmadeus Codeは、自社のサービスを作曲家のためのシソーラス的存在と説明する。Amadeus Codeはこの度、World Innovation Lab(WiL)主導により、180万ドルの資金調達を完了したという。

Amadeus Codeは2017年に設立され、スランプに悩んでいたり、新たなジャンルに挑戦しようとしている作曲家が、最高のメロディー・アイデアを素早く生み出すための手助けをしている。

Amadeus Codeのアプリは何百ものコード進行があらかじめインストールされており、ユーザーはマッチング・アプリのTinderのように、気にいったか気に入らないかをスワイプで選択できるようになっている。さらに、好きなだけリズムやテンポを調整することも可能だ。

Amadeus Codeの共同設立者でありCOOでもある福山泰史氏は、「音楽とクリエイティビティにおけるAIの展望を、我々と同じくらい楽しみにしている人たちがテクノロジー業界にいると分かり、感激しています。WiLの協力と洞察力を歓迎します。」と語っている。WiLのジェネラル・パートナー兼共同設立者の松本真尚氏は「ビジネスモデルの変革が長らく求められてきた音楽業界で、同社の活動は新たな道になると確信しています」と付け加えている。