AI

スタートアップ企業BoomyがAI生成音楽をストリーミング・サービスにアップロードする手助け

Boomyは、AIによって生成する音楽について模索するスタートアップ企業の一つで、今年初めに、ベータ版をローンチしている。テストユーザーは既にこの技術を利用して10万曲を超える楽曲を作成しているとのこと。Boomyはこの度、一般のユーザーにも招待制でウェブサイトにログインし、楽曲を作成できるようにするという。CEOのアレックス・ミッチェル氏は「我々のデータによれば、最初の5分で、自分が作った最初の曲に保存する価値があると分かるでしょう」とブログで述べている。

ミッチェル氏は、BoomyがAI生成音楽で何を達成しようとしているかについても語った。「我々は、意味ある音楽を作ることは、時間をどれだけ割いたかや、リソースの有無、才能の有無さえも問わず、シンプルかつ誰でもアクセスできるものであるべきだという強い信念を持っています。」

ミッチェル氏によると、そのアクセシビリティを推進すべく、Boomyは、最も手頃な価格のスマートフォンでも利用可能だとのこと。「我々は、近い将来、専用のモバイルアプリをリリースする予定ですが、boomy.comも最新のブラウザ標準で稼働させ続け、ユーザーがどのデバイスを使用していても、確実にサービスを利用できるようにします」

ここで興味深いのが、ユーザーがBoomy上で作成した楽曲をストリーミング・サービスにアップロードすることを、Boomyが積極的に推奨していることだ。「サービスを開始した最初の日から、ユーザーが自身の楽曲をダウンロードして、ストリーミング・サービスにアップロードしていることに気づきました。そのため、我々はこれをプレミアム機能の一部として提供することに決めたのです。」とミッチェル氏は述べている。「ベータ版でこの機能をローンチしてから、先月にはユーザーのため、SpotifyやApple Musicのようなストリーミング・サービスに何百もの楽曲を配信し、すでに何千回もの再生数を獲得しています。」

ミッチェル氏の投稿には、Boomyの自社アートワーク生成ツールによって作成された画像とともに、いくつかの楽曲へのリンクが貼られている。「この投稿を読むのに使っているデバイスが何であれ、インスタグラムに投稿するのと同じくらいの労力で、オリジナルの楽曲を作り、好みに合わせて編集し、ストリーミング・サービス上でロイヤリティを稼ぐことができるようになったのです。」

Boomyは、自社のサービスを利用して制作された楽曲をフィーチャーするSpotifyのプレイリストも作成している。AI音楽のスタートアップが、その技術の成果を商用のストリーミング・サービス上で公開するのは今回が初めてではないが、Boomyは、ユーザーが自身でこういった行動をするように奨励し、マネタイズの機会を実際に作っているという点で、他よりも一歩先に出ていると言えるだろう。

現時点では、プロのミュージシャンを脅かすような存在ではないが、Boomyによって作成された楽曲のいずれかが、今後、何千の単位を超える再生回数を稼ぎ、より大きな注目を浴びることができるか、注目したい。

フェイスブック社が独自音声アシスタントを開発中

フェイスブック社のCEOマーク・ザッカーバーグ氏は、AI音声アシスタントへ関心を抱いていることでよく知られている。2016年におけるザッカーバーグ氏のミッションは、Jarvisという名前のAI「執事」を構築することだった。

そして現在、ゲイスブックは、世界中の23億2千万人のユーザーにサービスを提供すべく、音声アシスタントの開発に取り組んでいるという。ビジネス・ニュース・チャンネルのCNBCが最初に報道した内容によると、フェイスブック社のワシントン州レドモンドにあるオフィスでは、「アマゾンのAlexaや、AppleのSiri、グーグル・アシスタントなどに対抗できる音声アシスタントを開発している」とのこと。

フェイスブックも報道内容について認めており、「PortalやOculus、また将来的にローンチされる製品など、フェイスブック社が関わるAR/VR製品群向けに、音声AIアシスタント技術を開発しています。」とロイター社に語っている。

今のところ、明かされている情報はそれくらいだが、今回の発表はそれほど驚くことではない。フェイスブックが初のスマート・ディスプレイ「Portal」を2018年にローンチした時、音声コントロール機能としては、アマゾンのAlexaを採用していた。競争的な観点から見れば、フェイスブックが自社で音声アシスタントを構築し、コントロールできるようにすることは長期的に考えて自然な流れであると言えるだろう。

ただ、フェイスブックはこれまで、プライバシーに関して色々と問題を巻き起こしており、人々がフェイスブックのAIを受け入れるようにするためには、まず信用問題を解決せねばならないかもしれない。しかし、その問題は、フェイスブック固有ではなく、グーグルやアマゾンなど、AI音声アシスタントを開発しているその他の大規模テクノロジー企業にも言えることだろう。

AI音楽スタートアップEndelがワーナーミュージックからアルバムをリリース

スタートアップ企業のEndelは、「集中したり、リラックスしたりするのに役立つ、パーソナライズされた音楽」をAIで作成できるモバイル・アプリを提供している。Endelのプロジェクトは、アマゾンのAlexa投資プロフラムにも選出されており、アマゾンのスマートスピーカーのスキルもローンチしたばかりだ。

Endelは今年一年間で、ワーナーミュージック・グループと配信提携を組み、同社のアート・ミュージック部門を通して、「ムード」および「生産性向上(フォーカス)」向けのアルバムを20枚リリースする予定だという。

すでに、そのうち5つはストリーミング・サービスを通じてリリースされている。それぞれタイトルは『Clear Night』、『Rainy Night』、『Cloudy Afternoon』、『Cloudy Night』、『Foggy Morning』だ。まだそれほど人気になっているとは言い難いが、すでに、Spotify上では、他の生身のアーティストと同じように、公式の「This is Endel」プレイリストが作成されている。

Endelのようなテクノロジーが、ムード音楽周りにおける急速な成長を遂げる経済で果たす役割の可能性には、興味深いものがある。特に、もしこれらの技術を活用して、各リスナーが聴いている楽曲の好みや、リスナー自身の情報に合わせて音楽を生成するようになれば、さらに面白くなるかもしれない。

今後、これらAI技術が既存の音楽業界やアーティストに、どのように迎えられるかという問題にも注目する必要があるだろう。

スタートアップ企業「Ecrett Music」が動画BGM用にAIによる音楽作成ツールをローンチ

AIで制作した音楽を提供する最新スタートアップ企業に「Ecrett Music」がある。動画のBGMを作成するという点において、AIを用いて無料で作曲をしてもらうことができるサービスを提供するJukedeckと似ている。

Ecrett Musicは、動画クリエイター向けに、曲のカテゴリー(ワークアウト、旅行、料理など)、ムード(ハッピー、チル、悲しいなど)、そして曲の長さを選ぶことで、アップロードされた動画に合わせてBGMを作成することができるツールを発表した。

価格プランは二つあり、個人や中小企業であれば月額5ドル(約554円)で使用可能、大企業は月額9.99ドル(約1,106円)となっている。どちらのプランでも、ユーザーは好きなだけ楽曲を作成・ダウンロードすることができ、商用利用も可能だ。これらの音楽は著作権使用料がかからない仕組みになっているが、著作権はEcrett Musicの親会社である「Dmet Products」が保持することとなるため、転売や再配布はできない。

Dmet Products創設者の楠太吾氏は、以前には、バングル型のIoTデバイス「SoundMoovz」をローンチし、世界最大級の音楽見本市SXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)などで好評を博し、世界17カ国に40万台を出荷している。

新しいベンチャーであるEcrett Musicでは、「フラットで機械っぽいサウンド」を提供するライバルと比較して、「人間の作曲家によって作曲されたと勘違いされるようなエモーショナルなメロディー」を約束しているとのこと。