Amazon Music

アマゾン音楽ストリーミング会員登録者数が今年4月までに3,200万人に

アマゾンは自社が提供する音楽サービスのこととなると、意味のある数字を発表したがらない。しかし、ファイナンシャル・タイムズが発表した報告には、いくつか新たな数字が載っている。「説明を受けた人によると、Amazon Music Unlimitedに登録している人の数は昨年70%程増加した」という。また、「4月には、Unlimitedとプライム・ミュージックを含む、すべての音楽サービスを合わせて、アマゾンの会員登録者数は3,200万人以上となった」とのこと。


この数字は驚くべきものではない。2018年の4月に、アマゾンはテクノロジー・ニュース・メディアのThe Vergeに、アクティブな登録者が「何千万人」とおり、過去6ヶ月間で、Unlimitedの登録者数は100%増加していると語っている(つまり、最新の統計によると、Unlimited登録者数の成長率は下がっていることになる。しかし、それでも、前年同期比70%増の成長は、ストリーミング市場におけるその他のライバルを遥かに上回っている)。

アマゾンは、ファイナンシャル・タイムズの数字を公認していないが、同社の音楽責任者であるスティーブ・ブーム氏は、Amazon Musicの会員登録者のうち14%が55歳以上であると発言しており、アマゾンの成長が、ある意味で、単に競合他社からユーザーを惹きつけているだけではないという感覚を強調するものとなっている。

しかしながら、ファイナンシャル・タイムズは、Amazon Musicの成長は、SpotifyやApple Musicの成長を上回っているとして、競合他社との比較も報道している。Spotifyの有料会員数は、今年3月の段階で、前年同期比32%増の1億人となった。Apple Musicの会員登録者数は2018年4月の4,000万人から2019年6月の6,000万人まで成長している(つまり、14ヶ月間で50%の成長)。

音楽サブスクリプション分野における三大サービスの会員登録者数が少なくとも1億9,200万人は存在するということに焦点を当てるべきかもしれない。テンセント・ミュージックを投入すると、上位4サービスの会員登録者数は2億2,100人以上にもなる(テンセント・ミュージックが提供するオンライン・ミュージック・サービスの有料会員は、3月末時点で2,840万人)。ちなみに、テンセントもSpotifyも2019年第2四半期の数字はまだ公表していない。

アマゾンが無料・広告サポート型の音楽サービスをローンチすると噂

アマゾンが、無料型音楽ストリーミング・サービスをローンチする話が出ているという。

アマゾンにはすでに、プライム・ミュージックという、プライム会員に登録しているユーザーであれば、無料で使用できるサービスを展開している。しかし、プライム会員になるためには会員費がかかるため、プライム・サービスは音楽業界の指標では一応「サブスクリプション型」に当てはまる。ちなみに、米国ではAmazon Music Unlimitedのようなフルのオンデマンド・サービスと区別するため、プライム・サービスは「限定的サブスクリプション層」に分類されているという。

プライム・ミュージックは無料ではなく、広告サポートによって運営されているわけではない。アマゾンは今回新たに、音楽ストリーミング・サービスとして、無料かつ広告サポートによるプランを公開するかもしれないというのだ。

「アマゾンは無料・広告サポート型の音楽サービスをローンチするための議論を開始している」として、ビルボードは「世界最大のEC企業であるアマゾンは、無料音楽サービスを自社のスマートスピーカーであるEcho商品を通じて宣伝し、限定的なカタログを提供するでしょう」と報じている。

さらに、無料サービス展開にあたり、「無料音楽のライセンスを取得するため、アマゾンは広告の売り上げに関わらず、最初はストリーミング再生回数ごとに支払いをすることをレコードレーベル数社に申し出ている」とビルボードは報じている。アマゾンは、これまでにも長期的に規模を拡大するためには、短期の損失は厭わない姿勢を見せてきており、今回の戦略も驚くべきことではない。

調査会社であるStrategy Analytics社の最新統計によると、アマゾンは2018年、世界的にスマートスピーカーのEcho商品を2,970万台出荷したという。また、アメリカ国内に限って言えば、調査会社のeMarketerは、今年、7,420万人のアメリカ人がスマートスピーカーを使用すると予測しており、その中の63.3%、つまりおよそ4,700万人がEcho商品を使用すると見ている。

スマートスピーカー上における無料音楽は、今に始まったことではない。Google Homeは2017年8月にはSpotify無料プランのサポートを始めている。また、Spotifyも、2018年11月にSpotify Connectという技術を用いて、スマートスピーカー上で無料プランのユーザーでもSpotifyを利用できるようにしている。

しかし、アマゾンのEcho商品上でSpotifyを聴くには、いまだにプレミアム・プランに登録する必要がある。そういった観点から、アマゾンによる無料・広告サポートのサービスは、競争上優位になる可能性があると言えるだろう。

「地域対応化」が鍵となる、ストリーミング・サービス世界戦線

先週のニュースで取り上げた通り、IFPI(国際レコード産業連盟)による2018年の報告書では、ストリーミングによって音楽業界が持ち直していることが主なトピックとなった。全体的な市場は9.7%成長し、ストリーミングは34%成長、今や全世界の収益の46.9%を占めるようになっている。

そして成長を続けるストリーミング市場における勢力争いは未だとどまるところを知らない。しかし、新たに発表された統計や開発のニュース、噂を総合して分析すると、現在の状況と今後なぜ「地域対応化」が重要課題になるかが見えてくる。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、今年2月時点で、アメリカ国内において、Apple Musicの有料登録者数が2,800万人となり、Spotifyの2,600万人を抜いたという。どちらの会社も発表された数字について肯定も否定もしておらず、情報元は匿名となっている。

世界的数字としては、Spotifyのユーザー数が2億700万人、その内9,600万人が有料会員、Apple Musicの有料会員数が5,600万人と、Spotifyの方がまだまだ優勢となっている。しかし、大体の地域において、Spotifyの方がApple Musicよりずっと早くローンチしていたという事実もある(ちなみに日本におけるローンチの順は逆)。

この競争力の核心となっている部分として、各サービスがどのように有料会員を増やそうと試みているかがある。Spotifyは無料会員プランから、Appleは膨大なiPhoneやiPad利用者から、そのほかには両社とも通信会社を通じたセットプランや、家族プランによるディスカウントなどを駆使して、有料会員数を伸ばそうとしている。

SpotifyもApple Musicも、音楽を主力として展開しているが、最近では、ポッドキャスト事業も次なる闘争の場となりつつあるようだ。世界的には、Appleがポッドキャスト大手だが、ポッドキャストに関する情報を扱うVoxnest社によって発表された新しいデータによると、Spotifyもヨーロッパやアジアの市場で成長しており、中南米のほとんどの地域ではSpotifyの方が優勢となっているという。

Spotifyがスペイン語圏の市場で優勢となっているのは、異なる市場・地域で訴求効果を上げるために、異なるタイプのオーディオ・コンテンツが使用されていることを示しており、興味深い点だと言えるだろう。ストリーミング・サービスには世界中で通じる「万能型」のコンテンツやマーケティング戦略はないとよく言われるが、これはその最も顕著な例だと言える。

Spotifyはさらに、日本における地位も確立するために動いている。Spotifyによる「Early Noise」というイベントでは、「大きな飛躍が期待される新進気鋭の国内アーティスト」をフィーチャーし、ストリーミングを通じてブレイクする次世代の国内アーティストの誕生に一役買っている。

成熟している市場においても、新興市場においても、Apple MusicやSpotifyはディスカウントという技を使用して何度も登録者数を増やそうと試みている。当たり前だが、ディスカウントには、サービスの利益が圧迫され、短期的には損失が増大するというリスクがあるものの、長期的に見て競合を追い抜く狙いで行われている。

Apple Musicは、インドにSpotifyとYouTube Musicがローンチしたタイミングで同国における有料プランの価格を下げている。個人プランは月額120ルピー(約193円)、家族プランは月額190ルピー(約305円)だったところ、今はそれぞれ99ルピー(約159円)と149ルピー(約239円)に値下げされているとのこと。Spotifyの有料会員プランは119ルピー(約191円)、YouTube Musicは129ルピー(約207円)となっており、これらに対抗した値下げとみられている。

Apple Musicの動きからもインドが、ユーザー数を伸ばそうとするストリーミング・サービスにとって、極めて重要な市場であることがわかる。さらに、世界で最もモバイル通信費が安いのはインドとも言われており、この事もストリーミングへの動きを促す要因となっている。

最近では、SpotifyやApple Musicに加えて、アマゾンも価格競争に参戦してきている。価格競争、成熟市場における優位性闘争、ストリーミングが普及し始めている人口の多い市場におけるシェア争い、オーディエンス数およびブランド認知向上のための音楽以外のオーディオ・コンテンツ利用などはすべて、急速な変化を遂げる複雑な世界市場でストリーミング・サービスがシェアを拡大するために繰り広げられているアプローチだ。

ストリーミング競争は、世界各国で繰り広げられている。ストリーミング・サービスは異なる市場におけるニュアンスの違いを理解し、それぞれの地域にあった戦略を開発する方法を素早く学習していると言えるだろう。

アマゾン音声アシスタントAlexaに「Song ID」機能とチケット購入機能が追加

カセットテープが流行っていた時代には、家でラジオを録音するときに、音楽だけを録音できるよう、ちょうどDJが話し終えたタイミングで「録音」ボタンを押す技術が求められたことがあっただろう。ストリーミング世代に生まれた現代の子どもたちはもはやカセットテープの存在を知らないかもしれない。

しかし、興味深いことに、ラジオDJのように、アーティストや楽曲の名前をアナウンスする概念が、アマゾンの音声アシスタント「Alexa」を通じて復活しつつある。Alexaに「Song ID」と呼ばれる、楽曲再生前に曲名とアーティスト名をアナウンスする新機能が導入された。

テクノロジー・メディアの「The Verge」によると、新機能は、アマゾン・ミュージックのサービス内でのみ使用可能とのこと。Alexaに「Song IDをオンにして」「Song IDをオフにして」とコマンドすることにより、オン・オフを設定できるオプション機能となっているようだ。

音楽業界では、スマートスピーカーと音声アシスタントの普及について、音楽をプレイリストなど、流れで再生しているユーザーは曲名やアーティスト名すら知らないまま楽曲を聴くことになるのではという懸念が示されてきた。

今回の新機能は、この懸念に対処するものとも言えよう。ただ、「Song ID」が影響力を持ち始めるには、まず、ユーザーが機能の存在と使い方を知ることが必要不可欠になるだろう。

また、アマゾンは、世界最大の米チケット販売企業「Ticketmaster」と提携を組み、Alexaを搭載したデバイス上で音声を通じてライブやイベントのチケットを購入することを可能にしている。

現状、この機能はアメリカ市場のみに限られているが、Ticketmasterによれば、今後、さらに展開を拡大する予定があるという。