BTS

韓国Big Hit Entertainmentが2019年上半期の統計を発表、またゲーム開発企業のSuperbも買収

韓国音楽企業のBig Hit Entertainmentが最新メディア・ブリーフィングを開催し、2019年におけるビジネスの成長を示す統計を発表した。2019年上半期の同社の収益は2,000億ウォン(約174億5,300万円)以上となり、昨年一年間を通しての収益をすでに超えたとのこと。

BTS(防弾少年団)だけが話の全てではないが、バンドのミニアルバム『Map of the Soul: Persona』とリリース周りの活動が、Big Hit Entertainmentの成長の大きな要因となったことは明らかだ。

ビルボードによると、同社共同CEOであるユン・ソクジュン氏は、BTSによる韓国でのライブについて、「ソウルと釜山でのファンミーティングの経済効果は、推定4,813億ウォン(約420億円)となった」と主張しているという。

ちなみに、メディア・ブリーフィングの様子はYouTubeにフルで公開されており、公開後1日で190万回もの再生回数を叩き出したとのこと。

また、Big Hit Entertainmentは、ゲーム業界にも新たな一歩を踏み出している。同社は、音楽ゲームを開発する韓国企業のSuperbを買収した。韓国ヘラルド誌によると、「我々は、ゲームが、音楽との強力な相乗効果を生み出すことができる業界であると考えています」とBig Hit Entertainment共同代表のパン・シヒョク氏はコメントしているという。