Believe Music

Believeが配信前にフェイク楽曲を発見するためにACRCloudと提携

ディストリビューターのBelieveが、すでに著作権で保護されている他のアーティストの音楽を、デジタル音楽サービスにアップロードしようとする人をどのように取り締まるか、その計画を明らかにした。

Believeは、音声フィンガープリント(※)技術のパートナーとして、中国企業のACRCloudを選び、配信される前に、音楽をスキャンすることで、他のアーティストの作品でないことを確認するという。

最近では、Rihanna、SZA、Beyoncéなどのアーティストの過去楽曲や未発表曲が、様々なディストリビューターを通じ、第三者によってストリーミング・サービスに無断かつ異なるアーティスト名でアップロードされるという事件が起きている。

「顧客のコンテンツを保護することは、我々にとって最優先事項であり、ACRCloudとのコラボレーションによって、我々が音楽業界に提供するサービスがさらに発展することを期待しています。」とBelieveのフランソワ・ガーバー氏は述べた。

「著作権認識プロセスを自動化するためにBelieveと協力することができ、とても嬉しく思います」とACRCloudのペン・ドン氏はコメントしている。

今年4月には、ディストリビューターのCD Babyも、Audible Magicと同様の目的でパートナーを組むことを発表していた。

※以下、ACRCloudから抜粋
「音声フィンガープリントとは、それぞれのコンテンツが持つ固有の特性のことで、ちょうど、個人を特定できる人間の指紋と似ています。 音声フィンガープリントは、コンテンツの数秒間の音声から抽出され、そのコンテンツの独自性を識別するのに使われます。」