TikTok親会社の中国バイトダンス社が音楽ストリーミング・サービスを開発中か

ソーシャル・アプリのTikTokを運営する中国バイトダンス社が、音楽ストリーミング事業を開始するかもしれないという噂が出ている。報道機関のサウスチャイナ・モーニング・ポストによると、バイトダンス社は「海外市場向けに、Spotifyのような音楽ストリーミング・アプリを開発中」とのことで、100名以上がチームとして開発に関わっており、「もうすぐ」ローンチする予定だという。バイトダンス社はコメントを控えており、それ以上の情報はまだ明らかにされていない。
バイトダンス社は、現在、TikTokにおける音楽使用およびライセンス契約について、メジャーレーベルと交渉をしており、プロモーション・ツールとしてのTikTokの価値なども議論されている。

今回の報道で明らかとなったのは、どういう形であれ、バイトダンスの新たなストリーミング・サービス計画は中国にフォーカスするというよりは、国際市場向けに展開されるということだ。テンセント・ミュージックが運営する3つのストリーミング・プラットフォームやNetEase Cloud Musicなど、中国国内における競合の規模を考えると賢明な判断と言えなくもない。Spotifyやその他のグローバルなプラットフォームと競うのも同じく困難ではあるものの、日本や韓国、東南アジアなどの市場、そしてTikTokがすでに人気を博しているインドなどでは、まだまだ参入のチャンスがあるかもしれない。