チャンネル登録者数の多いYouTubeチャンネルのパターンに関する研究

米世論調査団体のピュー・リサーチ・センターがYouTubeと音楽に関する、「人気YouTubeチャンネルの生涯の内の1週間(※原題「A Week in the Life of Popular YouTube Channels)」と題した最新の報告書を発表した。この報告書は、2019年初週時点で、チャンネル登録者数が25万人以上いたYouTubeチャンネルによって投稿された動画の分析に基づいている。

「2019年最初の7日間で、これらの人気チャンネルだけで25万本近くの動画を投稿しており、合わせると48,486時間にもなるコンテンツがありました。」とピュー・リサーチ・センターは説明している。
「該当期間中に、これらのチャンネルによって投稿された動画は、平均およそ12分の尺で、初週で58,358回再生されていました。これらの動画を全て合わせると、初週だけで142億回以上再生されていたのです。

さらに、チャンネル登録者数が25万人以上いるチャンネルのうち10%が、その週に投稿された全動画の70%を占めており、投稿された動画の内10%が全再生回数の79%を占めていたという。「音楽 / ダンス」のカテゴリーは調査対象のチャンネルによって投稿された動画の9%を占めており、「ビデオ・ゲーム」カテゴリーの半分ほどの率となっている。また、「音楽 / ダンス」は動画あたりの再生回数において、中央値で9番目に大きいカテゴリとなった。

ここで一つ注目すべきは、この調査が2019年の初週に行われたという事実だ。年の始めというのは、新しいミュージック・ビデオがリリースされづらい時期であり、年の後半に調査が実施されたのであれば、音楽がより高い位置に指標付けされた可能性もある。ピュー・リサーチ・センターの方法論を批判するわけではないが、YouTubeにおける音楽の立ち位置に関して、これだけを元にして考えるのは安全ではないということだ。