※2024/4/3更新:プログラム&スポンサー決定!

◆開催決定!音楽ビジネス専門カンファレンス『Music Ally Japan デジタルサミット 2024』

Music Ally Japan(ミュージック・アライ・ジャパン)は、日本の音楽ビジネス、アーティスト育成、デジタルマーケティングに携わるあらゆる人を対象に、日本と世界の音楽業界や音楽マーケティング領域を牽引するリーダー企業の経営者、責任者、キーパーソンが登壇する、音楽ビジネス専門のカンファレンス『Music Ally Japan デジタルサミット 2024』を、原宿WITH HARAJUKU HALL にて開催致します。

4回目となる今年のテーマは「グローバル・インパクト 〜海外音楽市場への台頭を目指す日本の音楽業界に必要な世界基準戦略〜」です。

近年、日本人アーティストの楽曲が、ショート動画のバイラル化や、アニメ・タイアップなどを通じて、海外で”消費”され始めたことを機に、国外での再生や、アーティストの海外進出に対する機運が高まりつつあります。一方で、海外企業のスピードとのギャップや、海外戦略の開発の複雑さ人材不足など、具体的な実現までの課題に直面している企業も少なくないのではないでしょうか。

そんな中、他国のアーティストと楽曲、とりわけ、非英語圏発の音楽ジャンルや音楽業界は、新時代の「グローバル・アーティスト」創出を、短期間かつ急速に実現しています。アーティスト育成 (A&R)から、バイラル現象を起こすストリーミング・SNSマーケティング、データ分析、デジタルツールなどを組み合わせて、国外のファン獲得、チャートヒット創出、収益化、アーティストの存在価値の醸成に繋げるアプローチは、世界中の業界関係者やレコード会社からも高い注目を集めるほど成功を収めています。こうした新たな取り組みは、日本も学ぶべき、次世代のグローバル音楽市場における成功基準になりつつあります。

今回のサミットでは、国外で日本人アーティストや作品の再生数、消費量を増やすだけに終わらず、海外市場に定着させるためのグローバル戦略に焦点を当て、ロイヤリティの高い海外ファン層の拡大から、アーティストの存在価値を高めるための取り組みやアイデアを深堀りします。国内外問わず、マーケティングやアーティスト・サービス、データ、ライツ・ビジネスなど、様々な領域において海外戦略に携わるレーベルやサービスの経営層と現場実践者が登壇し、昨今のグローバル・アーティストに必要な戦略や考え方世界基準のサービスやテクノロジーが提供する価値を議論し、参加者の皆さんとこれから求められる海外戦略に向けたヒントを共有します。

イベント概要

【日時】
2024年5月31日 (金)11:00スタート(10:30開場) / 18:00終了予定(途中、ランチ・ブレイクおよびコーヒー・ブレイクあり)

【会場】
WITH HARAJUKU HALL
(東京都渋谷区渋谷区神宮前1丁目14−30)

【参加費用および参加方法】
Peatixページより、ご希望のチケットをお申込みください。

※イベント当日のオンライン配信はございません。なお、チケットを購入いただいた皆さまには、イベント終了後、アーカイブのご視聴方法をご連絡させていただきます(一部、アーカイブ配信に含まれないセッションの実施がある可能性がございます。予めご了承下さい。)

※MAJ Pro会員ご登録はこちらから

【前夜祭について】
ステージ登壇者や協賛企業をはじめとする、国内外の音楽業界関係者が集結する前夜祭を開催いたします。参加をご希望の方は、前夜祭参加券付チケットをご購入下さい。
日時:2024年5月30日 (木) 18:00スタート(17:30開場)/ 20:00終了予定
会場:株式会社レコチョク(東京都渋谷区渋谷2丁目16番1号)
※前夜祭参加券付チケットをご購入頂いた方には、イベント詳細を追ってご連絡させて頂きます。

セッション内容】(※内容は予告なく変更する可能性がございます)
1. 日本の音楽業界が学ぶべき、世界基準のUGCビジネスの今と未来
2. SNSネイティブなアジア音楽市場の攻略法: 進化するJ-POPアーティストのツアービジネスとファン獲得戦略
3. 日本人アーティストが世界のオーディエンスを魅了するためのデータ活用術
4. レーベルの未来・原盤ビジネスの未来を問う: これからのレーベルが提供する価値とは?
5. グローバル・アクセスを支援する、現代版アーティスト・チーム作りと人材育成
6. 世界成長率No.1の中国を知る: 世界の音楽業界が中国に注目する理由とは?
7. 生成AIと音楽業界: AIを活用した音楽マーケティング、ビジネスツールの活用術
8. 音楽×ゲームx海外戦略: 日本の音楽業界はなぜ今、グローバル・ゲーム市場と繋がるべきか?
※スピーカー及びタイムテーブルは4月中旬発表予定

【主催・運営】
Music Ally Japan

【協賛】
The Orchard、Orfium

【個人情報の取扱いについて】
本イベントのお申込み時にご登録いただいた個人情報は、本イベントのスポンサーと共同利用することがあります。その際の利用目的その他個人情報の取扱いについては、Music Ally Japan プライバシーポリシーの定めによるものとします。

◆スポンサー企業

【特別協賛】




The Orchard
The Orchardは、全世界に45以上の拠点を持つ大手音楽ディストリビューターです。 世界中の音楽配信プラットフォームに向けて一括で音楽を届けられる総合的なツールを提供しています。 多くの音楽専門家に支えられ、クリエーターがグローバルに活躍できるよう支援しています。 詳しくはwww.theorchard.com



Orfium

オーフィアム(Orfium)は、世界屈指のテクノロジーで音楽業界における変革を進めるエンタメテック企業です。
当社は、先進的なAIアルゴリズムを独自開発しており、この自社技術を駆使し権利者の皆様のために、世界の媒体やプラットフォームの音楽使用データ透明化と使用料徴収のご支援に取り組んております。
我々の志は、音楽業界関係者の皆様にとって付加価値のあるソフトウェアを開発していくことです。
https://www.orfium.com/ja/

【協賛】


Chartmetric
Chartmetricは、世界の音楽業界をリードするデータ分析プラットフォームです。レーベル、マネジメント、ディストリビューター、DSP、音楽出版、ライブ・プロモーターなど、さまざまな企業やアーティストチームが直面する日々の課題に対して、高度かつ多面的なデータ分析を実現することで、意思決定の速度と効率化、戦略的なデータ活用を向上させます。直感的なダッシュボードと、独自のAPIで実現するデータ分析では、980万組以上のアーティスト、1億曲以上の楽曲、2,000万以上のプレイリスト、トラック毎の再生、UGC、チャート、オーディエンスのデモグラフィック等、主要な音楽サービスやSNSから収集したデータが網羅できます。Chartmetricは、世界4,000以上の音楽企業、団体、様々な組織で毎日利用されており、データを活用したA&R、アーティスト育成、マーケティング戦略の立案、ファン獲得、SNS運用、海外マーケティング、分析ツールの強化等、音楽で成功を続けるためのインサイトの発見、業務効率化、戦略開発を支援しています。
https://chartmetric.com/ja




KKCompany Technologies
マルチメディアテクノロジーグループである KKCompany Technologies は、ソフトウェアサービスのリーダーとして、「マルチメディアストリーミング、デジタルクラウド、AI応用」を技術と事業の発展の核とし、顧客に価値を創造することに尽力しています。
設立から20年、グループには音楽ストリーミングのKKBOX、マルチメディアテクノロジーのBlendVision、クラウドインテリジェンスのGoing Cloudなど、自社製品ブランドが含まれています。世界初の合法的な音楽ストリーミングプラットフォーム(KKBOX)を創設し、先進的なマルチメディア動画・音声ストリーミング技術を用いて、ユーザーに素晴らしい体験を提供しています。自社ブランドとサービスを通じて、国際的な大企業の顧客にサービスを提供し、膨大なデータと進化し続ける分析能力、豊富なブランド運営の経験を積み重ね、企業のデジタルトランスフォーメーションを成功させるお手伝いをしています。
https://www.kkcompany.com/ja-jp/


Revelator
Revelatorは、デジタルディストリビューションのインフラを世界中のレコード会社、音楽企業に提供するリーディングカンパニーです。 国内外のDSPへの納品に対応した最先端のテクノロジー、圧倒的なコストパフォーマンスと革新的なBIアナリティクスソリューションにより、デジタル時代における音楽ビジネスの成長を後押ししています。 楽曲と権利の管理、デジタルサプライチェーン、印税会計と分配のスピード、正確さ、透明性を高めることで、 music 3.0 エコノミーを前進させています。
https://ja.revelator.com/



【スペシャルサンクス】


レコチョク
「音楽市場の最大活性化」をミッションに掲げる株式会社レコチョクは、個人・法人向け音楽配信、音楽業界向けソリューション、インディーズアーティストの活動支援などの事業を展開しています。2021年にはweb3時代を見据え、web3プロジェクトを発足。ブロックチェーンを活用した事業の他、AIを活用した音楽業界向けソリューションの展開など、常に新たなテクノロジーを活用したサービスを提供・展開しています。また、音楽業界に向けたワンストップECソリューション「murket」(ミューケット)では新しいデジタル商品の提案や、フィジカルとの組み合わせ販売を通して、ファンエンゲージメント向上に受けたビジネス支援をおこなっています。今後も「音楽業界のIT部門」を目指し、音楽ファンの皆様とアーティストの皆様をつなぐ架け橋として、音楽市場の最大活性化に貢献いたします。https://recochoku.jp/corporate/

タイムテーブル・登壇者

2024年4月中旬 発表予定

※セッション内容・時間および登壇者は、予告なく変更となる場合がございます。