市場統計

SpotifyとYouTube Musicが最新の音楽アプリ・ダウンロード・チャートでトップに

アプリ分析企業のSensorTowerが、7月に世界で最もダウンロードされた音楽アプリに関する推定値を公開した。統計はアップルとグーグルのアプリ・ストア分析に基づいており、その他サードパーティのAndroidアプリ・ストア(中国ではこれらのストアが特に人気がある)は含まれていない。

iOSとAndroidを合わせたダウンロード全体の一位となったのはSpotifyだ。SensorTowerによると、Spotifyのアプリは7月に2,000万回以上インストールされており、前年同期比35%増となったとのこと。ちなみに、この数字には、特定の地域で利用可能となっている「Spotify Lite」のダウンロード数も含まれている。2位はYouTube Musicだ。SensorTowerによると、YouTube Musicは7月、1,300万回近くインストールされているものの、成長率としては、前年同期比2%増程度にとどまったとのこと。

SensorTowerの推定「インストール数」は、実際の「新規ユーザー数」と比較するとどうだろうか。2019年第2四半期、Spotifyは月間アクティブユーザーを新たに1,500万人増やしている、つまり月平均にすると500万人程度だ。したがって、「インストール数」は「新規ユーザー数」と同じでないということが明らかである。

SensorTowerによると、2019年7月、Spotifyの世界中におけるインストール数のうち、25%をインドが占めていたという(つまり、約500万回インストール)。さらに、YouTube Musicのインストール数においても、インドは15%を占め(200万回弱)、両方のアプリにおいて、最もインストール数の多い国となった。

インドのストリーミング・サービスであるGaanaとWynk Musicもそれぞれ6位と10位として、ShazamやSoundCloud、Smule、Deezer、Kugouなどと並び、SensorTowerのトップ10位までのチャートにランクインしている。

今回のSensorTowerによる分析にはApple Musicが抜けている。Apple MusicはiOS端末上で「Music」アプリとして事前搭載してあるため、アプリ分析企業にとっては悩みのタネとなっている。つまり、インストール数は同じ方法では追跡されておらず、人々がデバイス上で何を使っているか、別の方法で調べようとすると、今度は、アップルの「Music」アプリを、自分の持っているデータを聴くために利用している人と、Apple Musicの有料会員として利用している人を差別化するという問題に直面するのだ。

兎にも角にも、SensorTowerの分析では、インストール数に焦点を当てている。7月のチャートで驚くべきは、キプロスに本社を置くモバイル開発企業のEasybrainによって配信されている「Drum Pad Machine」という、ユーザーフレンドリーなビート作成アプリが、SpotifyとYouTubeに続き、世界で三番目にインストールされた音楽アプリとなったことだろう。

日本レコード協会が2019年上半期における音楽配信売上の数値を公開

一般社団法人 日本レコード協会が2019年第2四半期と、2019年上半期における音楽配信売上の数値を公開した。「サブスクリプション/音楽」からの収益は、前年同期比24%増となる185億4千万円となり、「サブスクリプション/音楽ビデオ」、「広告収入/音楽」、「広告収入/音楽ビデオ」も共に成長したことにより、ストリーミング全体の収益は、27.5%増となる約214億円となった。

ダウンロードはいまだに減少傾向にある(シングルトラックは12%減、アルバムは10%減)が、2019年上半期における、全体のデジタル音楽収益は6%成長し、340億円強となった。

日本レコード協会は、月ごとに生産実績としてフィジカルの数値を発表している。フィジカルの「オーディオレコード」売上は2.6%増となったものの、「音楽ビデオ」の売上は10.8%減となり、2019年上半期におけるフィジカルの収益は0.25%減の1,490億9千万円となった。

つまり、録音原盤市場全体でストリーミングが占める割合は、わずか14.4%程度ということだ。国際レコード産業連盟(IFPI)が2018年に報告した、全体の収益における3.4%の成長を、2019年後期でさらに強化していくことができるか、注目したい。

2019年第2四半期、アメリカにおけるスマートスピーカー市場が縮小か

調査会社のCanalysが、世界のスマートスピーカー市場について、最新レポートを発表した。レポートによると、中国テクノロジー企業バイドゥ(百度)のスマートスピーカー販売台数が、ついにグーグルを上回ったという。レポートは同時に、アメリカにおけるスマートスピーカーの出荷台数の減少についても触れている。

2019年第2四半期、世界的に出荷されたスマートスピーカー2,610万台のうち、バイドゥ製品は17.3%を占めたという。つまり、バイドゥは、およそ450万台のスマートスピーカーを出荷したことになる。Canalysは、同期におけるグーグルのスマートスピーカーの出荷台数はおよそ430万台で、市場の16.7%のシェアだったと推定した。ちなみに、アマゾン製品の出荷台数はおよそ660万台で、25.4%の市場シェアとなり、トップの座を維持している。

一年前にCanalysが発表したレポートにあった、前年同期におけるバイドゥのスマートスピーカー販売台数がおよそ10万台程度だったことを考えると、一年間でのバイドゥの成長が凄まじいことがわかるだろう。

また、Canalysは、アマゾンのスマートスピーカー出荷台数が前年同期比61.1%増となったのに対し、グーグルは19.8%減となったと推定している。グーグルはSpotifyと組んで、サービスに登録した人にグーグルのスマートスピーカーをプレゼントする企画も行なっていたが、この数字が今回の統計に含まれているかどうかは明らかとなっていない。

さらに、2019年第2四半期、中国におけるスマートスピーカーの出荷台数は、1,260万台に倍増した一方で、アメリカにおける出荷台数は同期間で2.4%減となる610万台となったという。アマゾンやグーグルはそれぞれ、製造するスマートスピーカーの50%と55%を米国以外の国に出荷しているため、両社にとっては、それほど問題とはならないかもしれない。

しかし、世界最大のスマートスピーカー市場であるアメリカで、すでに販売台数が失速しているというのは、スマートスピーカーがもたらしうる影響についての音楽業界内の興奮を考えると、若干懸念すべき点ではある。しかし、今回の統計は、一時的なものになる可能性も高く、2019年最終四半期に向けて、新たな製品群が発表されるにつれ、米国での売り上げが復活することも考えられるだろう。

韓国Big Hit Entertainmentが2019年上半期の統計を発表、またゲーム開発企業のSuperbも買収

韓国音楽企業のBig Hit Entertainmentが最新メディア・ブリーフィングを開催し、2019年におけるビジネスの成長を示す統計を発表した。2019年上半期の同社の収益は2,000億ウォン(約174億5,300万円)以上となり、昨年一年間を通しての収益をすでに超えたとのこと。

BTS(防弾少年団)だけが話の全てではないが、バンドのミニアルバム『Map of the Soul: Persona』とリリース周りの活動が、Big Hit Entertainmentの成長の大きな要因となったことは明らかだ。

ビルボードによると、同社共同CEOであるユン・ソクジュン氏は、BTSによる韓国でのライブについて、「ソウルと釜山でのファンミーティングの経済効果は、推定4,813億ウォン(約420億円)となった」と主張しているという。

ちなみに、メディア・ブリーフィングの様子はYouTubeにフルで公開されており、公開後1日で190万回もの再生回数を叩き出したとのこと。

また、Big Hit Entertainmentは、ゲーム業界にも新たな一歩を踏み出している。同社は、音楽ゲームを開発する韓国企業のSuperbを買収した。韓国ヘラルド誌によると、「我々は、ゲームが、音楽との強力な相乗効果を生み出すことができる業界であると考えています」とBig Hit Entertainment共同代表のパン・シヒョク氏はコメントしているという。

音声アシスタントの使用が「クリティカル・マス」に到達しているとeMarketerが発表

調査会社のeMarketerが、米国における音声アシスタント技術の使用に関する新たな統計を発表した。

「米国において今年は、昨年の1億200万人から9.5%増となる、1億1,180万人が最低でも月に一度は音声アシスタントを使用するだろうと我々は予測しています。これは、アメリカにおけるインターネットユーザーの39.4%、全人口の33.8%に相当する人数です。2021年までに、アメリカにおける音声アシスタントのユーザー数は1億2,270万人に達し、米インターネット・ユーザーの42.2%、米人口の36.6%に相当するようになるでしょう。」

ただ、これは、「音声アシスタントのユーザー数」であって、「スマートスピーカーのユーザー数」ではないことは注意する必要がある。「今日、ほとんどの人がスマートフォンやスマートスピーカー場で音声アシスタントを使用しています。かなりの差をつけて、スマートフォンでの利用が最も一般的となっています。」とeMarketerは発表している。

また、eMarketerの調査によると、アメリカでは、女性の34.4%、男性の33.3%が音声アシスタントを利用しているという。「初期の利用は、女性に若干偏っていましたが、音声アシスタントを利用する男性の割合も近年加速しています」とeMarketerは述べている。

YouTubeに関する最新統計をアプリ分析企業が発表

アプリ分析企業のSensorTowerとApp Annieがそれぞれ、YouTubeとYouTube Musicに関する分析を発表した。

SensorTowerの分析は、より一般的な内容になっている。SensorTowerによると、2019年第2四半期、YouTubeはアップルのApp StoreとAndroidのGoogle Play Storeにおける「写真と動画」カテゴリーにおいて、世界的に最も売れたアプリとなったという。YouTubeのユーザーはアプリ内で「1億3,800万ドル(約146億5千万円)近く」消費しており、その額は第1四半期の合計の倍以上だとSensorTowerは報告している。ちなみにこの消費額は、有料プランのYouTube Premiumと、YouTube Liveにおける「スーパーチャット」の投げ銭からの収益を合わせたものだが、特に音楽に限った数字ではない。

App Annieの分析は、YouTube Musicに焦点を当てている。「世界におけるYouTube Musicのスマートフォン月間アクティブ・ユーザー数は、前年比で170%の成長を見せ、SpotifyやApple Music、SoundCloudなどの主要競合企業の成長率を上回った」とApp Annieは発表している。ただ、実際のユーザー数に関しては発表されておらず、記載されているのは、様々なサービスの成長率に関する前年比との比較チャートのみだ。

App Annieは、月間アクティブ・ユーザー数の観点では、Spotifyが未だに最も人気な音楽ストリーミング・スマートフォンアプリだと分析しており、2位Apple Music、3位SoundCloud、4位Pandora、5位Amazon Music、6位YouTube Music、7位インドのサービスのJio Saavn、8位同じくインドのサービスのGaana、9位TuneIn Radio、10位Deezerが続いている。

YouTube Musicが有料会員からどれほどの収益を上げているかはこれらの数字からは定かではないが、SoundCloudやYouTube MusicなどのアプリのオーディエンスをSpotifyやApple Music、Amazon Musicなどのその他のストリーミングサービスと比較する数少ないチャートとなっていることは事実だ。

ただ、これらの報告には、注意すべき点もいくつか存在する。JioSaavnとGaanaはともに、自社の統計では1億人以上アクティブ・ユーザー数がいると主張しているが、両社ともに、Apple Musicよりも下位となっており、Apple Musicと言えば、有料会員数が6,000万人いると言われており、無料お試しユーザーを合わせても1億人には到達しないと予測される。可能性としては、Apple Musicではなく、アップルの「Music」アプリの月間アクティブ・ユーザー数をカウントしていることも考えられなくはない。もしくは、インドのサービスによる主張を疑っているということもあるかもしれない。